日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 本当に儲かるの?治験の副業の実態を教えます!

クラウドソーシング

  1. 本当に儲かるの?治験の副業の実態を教えます!


本当に儲かるの?治験の副業の実態を教えます!


治験の実態

引用元:ぱくたそ

皆さんは治験のお仕事のこと詳しくご存知でしょうか?

自分の体に薬を使うので怖いという声がありますが、その分儲かるといったようなイメージを抱いている人も多いようです。

副業の治験はどのようなものかお伝えします。

■治験とは

治験とは

引用元:ぱくたそ

治験は新しく作った新薬の効果を試したり、安全性は問題無いかを確認するお仕事になります。実際に使ってみて、その後のデータを取ることで新薬の効果・安全性を確認します。

治験の対象になる人は、新薬によって違います。病気が無い健康体な人を対象にしたものや特定の病気を持っている人を対象にしているケースなど、新薬によって様々です。

また治験は長期間の入院をする場合、通院する場合があります。これも新薬によって違います。

■治験の副業をするために

治験をするために

引用元:ぱくたそ

では実際に治験はどのようにすれば行えるのでしょうか?

手順としては以下のようになっています。

1.応募
2.説明
3.健康診断
4.合否
5.開始

最初に治験の募集を見つけて応募しなければ始まりません。その後、治験について説明を聞きます。応募した治験についてしっかりと説明を受けた後に、本当に応募するか判断できます。

説明を聞いて治験を受けたいとなると、健康診断が待ってます。新薬を受けるのに相応しいのか確認します。健康診断の注意点としては、前日は規則正しい生活をするように心がけましょう。寝不足だったり、深夜に食事をすると健康診断のデータが悪くなる恐れがあります。

健康診断の結果を受けて合否が発表され、受かった人は治験の開始になります。もし入院生活になった場合は、食事がきっちり管理されます。同じ病院内の他の方と同じメニューになります。食事を残してはいけません。

また入院生活中は外出できませんので、自由時間も全て病院内で過ごすことになります。その他、病院によって細かな制限があったりします。

■治験の安全性

治験の安全性

引用元:ぱくたそ

さて、新薬を使うので治験は安全なのか気になる方は多いのではないでしょうか?

使われる薬は長い年月をかけて厚生労働所から治験での使用許可がおりたものなので、非常に安全なものです。

ですが何かがあったときのためのリスクはあります。ただそのリスクについては事前に説明が行われますので、それを聞いて治験を行うか判断してください。

■治験は狭き門

治験は狭き門

引用元:ぱくたそ

治験は狭き門です。1度の募集に多くの人が応募します。ただでさえ募集が少ない状況なので、治験には簡単に参加できません。

また1度治験を行うと数ヶ月経たないと次の治験に参加できないため、安定した副業として治験をする事は難しいといえるでしょう。

■まとめ

治験は新薬のテストを行うことです。

応募の際にはリスクについて説明があり、それに同意すれば健康診断、受かれば治験開始になります。治験には怖いといった声がありますが、厚生労働所が認可しているものなので基本的に安全です。

ですが、狭き門なので安定収入としての副業にするのは難しいでしょう。

治験を行う前に、もしものときのリスクや入院生活はどうなるのかしっかりと情報収集した上で参加するようにして下さい。

あなたにぴったりの副業
おすすめ副業特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
副業のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る