日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 禁止理由によっては副業可能?正当な理由を知る事で道が開けるかも!

クラウドソーシング

  1. 禁止理由によっては副業可能?正当な理由を知る事で道が開けるかも!


禁止理由によっては副業可能?正当な理由を知る事で道が開けるかも!


副業禁止の理由

引用元:ぱくたそ

会社の収入だけだとちょっと心許ないので副業をしてみたいけど、会社が副業を禁止している………。
そうお嘆きの方も少なくないと思います。

会社が副業を禁止しているのは、何らかの理由があるはずです。副業禁止を嘆く前に、禁止の理由をまず確認してみてはどうでしょうか。

禁止の理由によっては、交渉次第で副業が可能になるかもしれませんよ?

■副業を禁止する法律はない

副業禁止の法律はない

引用元:ぱくたそ

そもそも、勤務外のプライベートな時間をどのように使うかは個人の自由です。会社がプライベートな時間を拘束することはできないのです。

会社の規定に副業禁止とあっても、それ自体には法的拘束力がなく、副業を禁止する法律があるわけでもありません。

■会社が副業を禁止する5つの理由

副業禁止の理由

引用元:ぱくたそ

ではなぜ、会社は副業を禁止するのでしょうか?

一般的な理由として

  • 本業に支障が出る
  • 副業内容が本業の競合となる
  • 本業の信用問題にかかわる
  • 副業による情報漏洩

が挙げられますが、この中から特に重要な2つについて触れていきます。

本業に支障が出る

副業に時間を割くことで遅刻したり、勤務中に居眠りをしたりなど、本来の業務に支障をきたすことを懸念して禁止にしている企業も多いです。

これは実際にそういった事が発生すれば、企業に実害を与える事になるので禁止の理由としてはもっともだと思いますが、見方を変えれば、本業に支障をきたさなければ問題はないと言えます。

これは企業ではなく自身の努力で何とかできる問題なので、自己管理を徹底して本業に支障をきたさない事を企業に納得してもらえれば、副業が解禁されるかもしれません。

副業内容が本業の競合となる

本業のノウハウを使って副業をすることで、本業の企業に損失を与える可能性がある為、禁止しているケースです。
情報や技術の漏洩を危惧しているといった理由も挙げられます。

こちらに関しては自身の努力云々での改善は難しく、本業とはまったく関係ない分野の副業を探すなど、大幅な方針転換が求められます。もちろん、方針転換した上で改めて副業の可否を企業と話し合う必要があります。

とはいえ、業務や会社に悪影響を与える恐れがあるため、というのがおおよその副業禁止の理由のようです。
もし副業をしたいと思うのであれば、上記を踏まえた上で、勤務先に副業禁止の理由を改めて確認してみてはどうでしょうか?

■その理由、正当ですか?

正当な理由か?

引用元:ぱくたそ

より細かなルールは企業によって様々ですが、そのルールが正当かどうかは別の話です。

不当な理由で副業を禁止するのであれば、労働規約などを確認しつつ副業できないか、話し合う余地があります。この話し合いの結果次第では、副業がOKになる可能性もあるでしょう。

もし正当な理由で副業が禁止ということであれば、自分が何故副業を必要としているのかを訴え、話し合うしかありません。

■まとめ

会社に副業をする理由を伝え、会社が懸念している点を解消できれば、副業が可能になる可能性があります。

会社も社員を苦しめるために副業を禁止しているわけではありません。話し合いの結果次第では、あっさりと許可が下りることもあるでしょう。

就業規則で副業が禁止されているからといってすぐに諦めず、一度会社と話しあって見ることが大切です。

あなたにぴったりの副業
おすすめ副業特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
副業のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る