日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « SOHOならトラブルを避ける為に「事業目的」で部屋探しを!

クラウドソーシング

  1. SOHOならトラブルを避ける為に「事業目的」で部屋探しを!


SOHOならトラブルを避ける為に「事業目的」で部屋探しを!


はじめに:何が違うの?「住居用」と「事業用」の物件

a0055_000394マンション等賃貸の際、「住居用」と「事業用」の大きな違いは二つあります。

一つ目は、商業です。つまり、そこで商売が出来るかと言う事です。「事業用」の物件を借りた場合はSOHOとして借りた部屋での受発注をすることが可能になりますが、「住居用」では商売をすることは出来ません。賃貸契約の際の契約違反に値し、退去命令が出てしまうでしょう。

二つ目は、消費税です。「事業用」として賃貸とした場合、決められた家賃とは別途で消費税がかかります。これを商業が可能になるお金、と思って頂ければ良いでしょう。もちろん「住居用」として賃貸をした場合には、別途の消費税は適用されません。

「住居用」だと開業届を出せない!

事業を行うならば、国に対し開業届を提出する事と思います。その際、マンションの一室を会社の所在地とすることも可能であります。が、「住居用」のマンションの一室を賃貸している場合はその場所の記載をすることが出来ません。つまり、「事業用」物件でないと開業届の提出が認められないのです。

開業届を出す前にしっかりと契約の確認を

これらの内容を理解しておらず、顧客がいるからとSOHO活動をしてしまっている人は実際に存在します。後々に決算における税の申告で揉め、マンションの管理者と揉め、日本では訴訟になっているケースも幾つかあるでしょう。

開業届を出す前には、自分がどういう契約のもとマンションを借りたのか、もう一度利用規約をみなしてみましょう。契約内容によっては、引越しや別途で部屋の借用を検討しなければならないですし、問題がなければ今すぐにでも届を提出してSOHOとして活動の一歩を踏み出しましょう。a0002_006452

大家さんに相談をすることも大切です

大家さんも人間ですから、あなたがその場で開業を行いたい場合、相談をしてみることも一つの手です。もしくは、「事業用」と掲載されているマンションにおいても人の出入りが非常に多いですとか、他部屋の方に迷惑をかけるような内容の場合は注意を受けてしまうかもしれません。

事前にこんな事がしたい、こういった条件で部屋を貸して貰えないか、などきちんと大家さんにお話をしてみましょう。何事もコミュニケーション、あなたがこれから個人で活動していく上でのメリットに繋がる事は間違いありません。

まとめ:契約違反にならない為にもきちんと契約を確認しましょう!

黙って開業届を提出し、契約違反による退去が発生して一番困るのはあなた自身です。せっかくの事業所が無くなってしまうわけですから仕事所ではありません。作業環境を整えることも一つの業務ですから、しっかり契約の確認し、部屋探しをすることが大事なのです。

soho
SOHOの求人・お仕事情報

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

SOHOのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る