日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « SOHO必見!白色申告でも帳簿が必須になります!

クラウドソーシング

  1. SOHO必見!白色申告でも帳簿が必須になります!


SOHO必見!白色申告でも帳簿が必須になります!


はじめに

3710-01
引用元: 写真素材 足成

タイムリーなお話しですが、「白色申告」でも平成26年の1月から帳簿が必要になることをみなさんはご存知ですか?これまで「青色申告」をするメリットがあまりなく、面倒な帳簿付けをせずに「白色申告」をしていた方は必見です。

白色申告の帳簿は平成26年1月からこう変わります!

これまでの白色申告の対象者は前々年分、あるいは前年分の事業所得などの合計が300万円を超える方が対象でしたが、平成26年からはその対象が拡大され、事業所得はもちろん、不動産所得や山林所得も含めて、すべての方が対象になります。所得税の申告が必要ない方も記帳や帳簿保存制度の対象になります。

記帳の対象者ってどんな人?

簡単に言ってしまえば「青色申告」をしなかった人が対象です。これまでは青色申告のための帳簿付けや領収証などの保管など、めんどうなことが多くてなかなかできずに、メリットは知っているけれども「白色申告」をしていたという方も多いとは思いますが、平成26年からはそんなメリットもなくなります。事業所得や前述したさまざまな所得のある方で、これまでのとおり簡単な白色申告をしようと思っている方は、そもそも白色申告自体にも記帳や帳簿の保存が義務付けられます。

記帳にはどんな内容を書けば良いの?

それではいったいどのように記帳していけばいいのでしょうか?「白色申告」の場合は取引ごとの記帳ではなく、日々の合計金額などをまとめて記帳するなどの簡易な方法で記帳してもよいことになっています。取引の年月日や、売上先・仕入先、その他の相手方の名称、金額、などを日々にまとめて記帳していく形になります。さらにたとえば小額な現金売上などについては日々の合計金額のみを一括して記載しても大丈夫です。総勘定元帳などを求められることはありませんが、それでもやはり処理をする手間は青色申告とあまり変わらないです。

帳簿や書類の保存期限を教えて!

さらに帳簿付けした裏づけとしての領収証やレシートの保管義務もあります。大きく2つにわけてご説明していきましょう。まずは「帳簿」類になります。こちらは収入金額や必要経費などを記載した帳簿(いわゆる家計簿ですね)は7年です。さらにお仕事などで作成した書類、契約書や、見積書、請求書、送り状などは5年です。しっかりと整理をして保管しておきましょうね。

a0790_000662
引用元: 写真素材 足成

まとめ

毎年「青色申告」の申請忘れなどで「白色申告」を長年していた方、とにかく仕事がいそがしく帳簿付けなどしていられないといった方、来年からは白色申告でもこういった帳簿付けや帳簿の保管義務がでてきますよ。今からでも遅くはないので、来年の確定申告のことを頭の片隅に入れておきましょうね。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

SOHOのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る