日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 残業は子育ての大敵?残業をせずにうまく会社と付き合っていく為には

クラウドソーシング

  1. 残業は子育ての大敵?残業をせずにうまく会社と付き合っていく為には


残業は子育ての大敵?残業をせずにうまく会社と付き合っていく為には


子育てをしながら働く人にとって、時間の読めない残業は非常に困りますよね。
仕事は大切だけど、子どもを放っておくわけにもいかないし、できれば残業は避けたいところ………。

そんな時はこれから紹介する制度に頼ってみてはいかがでしょうか?

「短時間勤務制度」

短時間勤務制度
引用元:写真AC

「短時間勤務制度」をご存知でしょうか?
3歳未満の子供を育てている方が利用できる、1日に働く時間を6時間迄に短縮できる制度です。
これを申請している人に対して、会社は残業をさせられないことになっています。

「短時間勤務制度」は法律で定められているものであり、現在ではどこの会社でも導入が義務化されています。
法律によって決められている「3歳未満」はあくまで最低限のラインなので、会社によってはもっと待遇がいい場合もあるので、まずは勤めている会社にこの制度の事を確認してみましょう。

これで予期せぬ残業は避けられるはずです。

残業をしない代わりに歩み寄りを

しかし制度とはいえ、自分が残業をしなくなったことで周囲の人との関係が悪化してしまう、という可能性も0ではありません。無理な残業は子育てと仕事の破綻を招いてしまいますので、その部分を曲げる必要はないのですが、何か残業以外で周囲の人たちの負担を軽減できる方法がないか、話し合ってみることも大切です。

子育てを重視し、残業はできないとした上で、会社と歩み寄る方法を考えてみるのです。「業務を効率化するプロセスを考える」とか「自分の手が空いた時に他の人の作業を手伝う」といった具合です。この話し合いで周囲の人たちの理解が得られるようになれば、仕事と子育ての両立がよりスムーズに行えるはずです。

業務を効率化することに関して、具体的には、1日にやるべきことを書き出すなどして明確にし、退社時間に間に合うようペース配分することや、今の仕事を効率化する方法はないか今一度考えてみることです。

実作業においては意外と無駄があったりするので、徹底的に効率化できるようなシステムを作りましょう。WEBブラウザの意外と知られていない便利な機能や、ビジネス用アプリが役に立つかもしれませんよ。

折り合いがつかなければ職場を変えることも

職場を変える
引用元:写真AC

とはいえ中には、頑張って対策をしていても周囲からとても冷たい待遇を受ける方もいらっしゃるようです。忙しい職場でみんながしたくもない残業をしている中、一人だけ帰ることで職場に居づらくなってしまうケースも残念ながらあるようです。

そうなると精神的にも体力的にも疲れきってしまい、子育てをしながら働く人にとってはとてもつらい状況です。そんな時には思い切って職場を変えることも選択肢の一つではないでしょうか。

今の職場でストレスを溜め込むことで、子育てがおろそかになってしまう可能性もあります。雇用形態を正社員からアルバイトやパートに切り替えるという選択肢もあるでしょう。正社員ならば立場的に「残業をして当然」という風潮はあるかもしれませんが、パート勤務ならばそのようなこともないのです。次の職場を見つけないといけない、という別の問題が発生する事にはなりますが、今の場所にとどまって自分が疲弊してしまっては何事もうまくいきません。

新たな職場を探す際には、求人広告に「シフトの融通がきく」「子供が風邪をひいた時には休んでよい」などの、子育てと仕事の両立に理解を示すような文句を載せている会社も探すようにしましょう。可能であれば、職場の雰囲気などを知ることができるところが好ましいです。周囲がバリバリ働いている独身者ばかりなのと、子育て中の主婦ばかりなのでは、職場の方の理解も全く変わってくることでしょう。子どものためにも、まずは自分を守る術を身につけることが大切です。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
家でできる仕事のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る