日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « あまり外に出ずともできるアルバイトって何があるの?それ儲かるの?

クラウドソーシング

  1. あまり外に出ずともできるアルバイトって何があるの?それ儲かるの?


あまり外に出ずともできるアルバイトって何があるの?それ儲かるの?


自宅で稼ぐ時代

自宅で稼ぐ時代
引用元:photo AC

出勤をせず、家に居ながらにして稼ぐというと、これまでは育児中の主婦や専業主婦、ご高齢の方や身体に障害をお持ちの方など、通勤が難しい方向けのお仕事という印象を受けました。しかし、もうそれは古い考えです。正社員でも自宅で仕事をして、週に1、2度出社すれば良いというスタイルを採用する企業もあるのです。育児・介護など家庭の都合で仕事を辞める方が増えてきたため、そういった都合に合わせて社会が変わってきたのです。

ところで、いわゆるリモートワークのような会社の業務をそのまま自宅で行うのではなく、あまり家を出ずに軽くバイトで稼ぎたい場合に、どのような求人があるのでしょうか?また、そういった仕事でどの程度稼げるのでしょうか?その疑問にお答えすべく、今回は自宅でできる仕事と時間単価換算でいくらぐらいになるのかを検証してみます。

モニター業務

モニター業務
引用元:Pixtabay

商品やサービスを使用し、評価するお仕事です。評価する商品は直接自宅に届けられます。謝礼はその商品であったり、1,000円程度の商品券の場合もあり、案件によりまちまちです。求人はチラシ広告やインターネットで掲載されています。

●良い点
家で行うことができ、ご自身の都合と調査報告の納期に合わせて自由に体験調査できるのは良い点です。また試してみたい商品を、販売前に試用できるのもメリットといえるでしょう。

●悪い点
基本的には商品を使うだけなので、あまり仕事という意識が持てないかもしれません。簡単なモニター業務ばかりしていると、その他の仕事に身が入らなくなってしまうこともあるでしょう。また、この案件は決して報酬の高い仕事ではないので、その点でも続けていくモチベーションの維持が難しいかもしれません。基本的に問題はありませんが、美容品などのモニターの場合、肌に合わないこともあり得ますので、はじめる前に詳細を確認しておいた方が良いでしょう。

●時間単価換算すると?
謝礼が1,000円程度の商品券である場合が多いため、仮に1日の謝礼を1,000円、調査時間を1時間とした場合、時間単価は1,000円となります。報酬が商品券だった場合、そのまま商品券として使わず、金券ショップに売った場合はさらに2~3割減となります。

●どんな人が向いている?
その商品に興味のある方にとっては良い案件でしょう。ポイントは報酬にこだわらないことです。稼ぐ、という点から見るとあまり効率の良い案件ではありません。モニターする商品が送られてくるまでの待ち時間が発生しますし、報酬も現物支給であるパターンがあるため、支払には使えないからです。

ポスティング

ポスティング
引用元:Pixtabay

指定されたエリア内の郵便ポストにクライアントのチラシを投函するお仕事です。作業時間や投函するチラシの枚数は案件により変わってきます。地域的な仕事ですので、求人はチラシで出している事が多いようです。

●良い点
短時間であっても外出することになるので気分転換にもなりますし、ちょっとした運動になるので、人によっては運動不足の解消に役立つかもしれません。作業時間の融通がきく場合、自分の体力に合わせた働き方ができるのも特徴です。

●悪い点
ポスティングは基本的にチラシをポストに投函するだけなので、あまり人との絡みがありません。黙々と行う仕事なのでそういった仕事が苦手な人には辛いかもしれません。また、チラシに興味のない人から投函時に苦情を言われることもあるかもしれません。また、外仕事なので天候や気温によって働きづらくなるのもネックです。

●時間単価換算すると?
案件にもよりますが、一例としてポスティング報酬を1枚5円とした場合、ポスティング1件に1分かかると1時間で60件。時間単価換算すると300円です。マンションなどの集合住宅が対象の場合、ポストがまとまっているので効率よく稼ぐことができそうです。

●良い案件?悪い案件?
育児や介護で一日の大半を家の中にいる方にはちょっとした気分転換になるかもしれません。日頃の運動不足を気にされている方にも良い案件と言えるでしょう。とはいえ、生活費を稼ぐメインの手段としてはいささか心もとない案件です。天候や自分の体調などに左右されることも多いので、安定して稼ぐのは難しいかもしれません。

クラウドソーシング

クラウドソーシング
引用元:photo AC

インターネットを使って仕事の受発注を行い、納品から支払いに至るまでWEB上で完結します。仕事の内容は多岐に渡りますが、基本は家で作業を行って、その成果をネット経由で納品することになります。納品物によっては郵送になるものもあるかもしれませんが、作業自体は自宅で行えるものがほとんどです。当然、求人情報もWeb上で確認します。

●良い点
出勤の必要がなく服装や働く時間が自由です。実績を増やすことで高額の仕事を得やすくなり、より稼ぎやすくなります。

●悪い点
仕事を得るところからネット上で行うため、基本的なPCスキルがないと稼ぐどころか、お仕事そのものを始めることが難しいです。最近ではスマホからでも仕事の検索じゃ受注が行えるようになってきていますが、PCを使えた方が何かと便利といえるでしょう。また、最後まで自宅でのお仕事なので、オンオフの切り替えができない方には向いていません。初心者のうちは非常に低単価な案件が多いため、この段階で稼げないと諦めてしまう方も少なくありません。

●時間単価換算すると?
案件の中でも、例えばベテランのWebライターの場合、1文字1円以上が最低相場です。1時間あれば2,000文字程度の記事が書けますので、時間単価に換算すれば2,000円程度です。ただしスタート時は1文字0.5円程度で、画像選定にも時間がかかるので、2~3分の1になります。

●良い案件?悪い案件?
PCやネットの環境を持ち、それらをある程度使いこなす事ができるのであれば良い案件です。慣れてくれば月に10万円程度を安定して稼げるようになるので、パートに出るよりも稼ぎやすいかもしれません。PCやネット環境をお持ちでない方やエクセル・ワードを使ったことがない方、タッチタイピングができない方などPCに不慣れな方にとっては、ややハードルの高い案件かもしれません。PCやネット環境を用意する場合、初期費用がかかってしまうので、最後までやり通す覚悟がなければお金を無駄に使うばかりで元が取れません。ネット回線は維持費がかかるので月の収支がマイナスになってしまいます。

【まとめ】

あまり家を出ずともできる仕事は多数あります。PCやネットを日常的に使用している人であればクラウドソーシングがおすすめですが、自宅でPCと向き合うのが辛いという方もいるでしょう。ここで紹介したポスティングのお仕事などは安定性にはやや難がありますが、他の仕事と合わせて行う事で空き時間を有効に活用できます。現在のご自身の状況やスキル、稼ぎたい金額を設定した上で求人を探すようにしましょう。

結論として「儲かる」かどうかは働き方次第ではありますが、ここに紹介した働き方を複数組み合わせることで効率よく「稼ぐ」ことは十分可能ですので、挑戦してみてください。

家でできる仕事
家でできる仕事の特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

家でできる仕事のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る