日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 在宅ワークとはどういう働き方なの?働く際のポイントを解説します!

クラウドソーシング

  1. 在宅ワークとはどういう働き方なの?働く際のポイントを解説します!


在宅ワークとはどういう働き方なの?働く際のポイントを解説します!


a0001_016464

引用元:写真素材 足成

近年の不況の影響で、共働きに出ている家庭も非常に多くなっていますね。

しかし子育てなどがあると、なかなか外の仕事に出られない方もたくさんいると思います。

「子育てしながらでも仕事がしたい」「少しでも良いから収入が欲しい」…
そういったニーズが大きいと思います。そのニーズにこたえる為、近年では在宅ワークという働き方が注目されています。

インターネットを通じて在宅で仕事が出来、収入が得られる。そんな働き方が、一般的になりつつあります。
クラウドワークスも、まさにそのような主婦や高齢者の方々の、在宅での仕事、在宅ワークを支援するプラットフォームです。

この記事では、在宅ワークについて知っておきたいポイントをご説明します。

在宅ワークとは?

「在宅ワーク」とは、その名の通り在宅でデータ入力等の様々な業務・仕事を請け負い、働く方法です。

企業へ勤務する形態と違い、外部の仕事をオンライン・在宅で受託するワークスタイルです。業務の内容としては、データ入力・データ収集といった仕事から、サンプリングモニター、メールの返信業務など、様々な仕事が存在します。

CSSS85_MBAwonozokujyosei20131019500

ところで「在宅ワーク」という言葉を聞くと、どうしても過剰反応されてしまう方もいらっしゃると思います。

一時期「在宅ワーク詐欺」がネット上で流行しました。登録名目でお金を振り込ませ、そのまま行方をくらましたりする手法で、切実に在宅ワークをしたい方に付け込んだ悪質な詐欺のことです。しかし、信頼できるサイトを使って在宅ワークをすることで、上記のようなリスクを極力減らし、安心して働くことが出来るでしょう。

在宅ワークに必要なスキルは?

では実際に在宅ワークをする場合、どのようなスキルがいるのでしょうか?

選ぶ仕事にもよりますが、基本的にパソコンとインターネット、ワード・エクセルが扱える程度で十分です。

もしワードやエクセルの扱い方が解らない場合でも、使用可能な環境さえあれば、使っている内にすぐ慣れますし、それらのソフトがなくても、最近ではOpenOffice等のフリーソフトで代用する事が可能です。

スキルやソフトに関してはあまり心配する必要はないでしょう。
大切なのは次に説明する心構えです。

在宅ワークで働くために必要な心構え

まず大事なことは「1日どのくらい働けるか」を把握することです。
当然ですが、労働時間によって、出来る仕事の内容が変わってきます。

実際働いている方の中には、1日2〜3時間の方も居ますし、フルタイム(8時間)の方や、週合計で3〜4時間程度という方もいることでしょう。1日に使える時間によって請け負える仕事も変わってくるので、自分の働ける時間を把握しておくことは重要です。

次に「一度請けた仕事には責任を持つ」という事です。

在宅ワークは、気軽に始められる反面、自己管理が重要です。途中で嫌になって投げやりになってしまう可能性もあります。ですが、一度請けた仕事を放り出してしまうと、次の仕事はやって来ません。在宅ワークでは「継続して仕事をすること」が何より重要なことです。

続して仕事をするためにも、きちんと責任を持って納期までに仕上げましょう。

在宅ワークの金額相場は?

現在主に行われている在宅ワークの業務の金額相場を調べてみました。案件次第なのであくまでも参考程度にしてください。

・データ入力
データ入力の仕事は、請負会社からエクセル等のファイルが送られ、そのファイルに指定のデータを入力する仕事です。

スキルとしては、エクセルを扱える程度のパソコンスキルが必要ですが、気軽に簡単に始められる仕事の一つとなっています。1ファイル辺り100〜200件程度のデータ入力をする事になりますが、1つあたり1〜2分の物から、10分程度かかる物まで様々です。金額も入力時間に合わせて単価が高くなり、1件3〜5円程度から数十円程度まで、幅広くあります。納期がありますが、在宅で仕事をする分縛られることはありませんので、空いた時間に少しずつ仕上げるようにすると良いでしょう。

・データ収集
データ収集の仕事は、インターネット上から様々なデータを収集し、エクセルやテキストにまとめる仕事です。

主に指定ジャンルのブログやサイトのURL、ブランド商品についてのデータを収集する業務・作業となります。現在はタブレットやスマートフォンが普及していますので、データ収集はどのような形でもしやすくなっています。データ1件辺りの金額相場は10円程度ですが、希に100円程度の高単価の場合があります。逆に1件1円などの極端に安く、簡単に収集できる場合も有りますが、労力に見合わないことが多いので、気を付けて自分の稼働時間と収入を見てみるといいかと思います。

・文章ライティング/記事作成

文章ライティング/記事作成は。普段キーボードを使って文章を書いている方におすすめの仕事です。
主に企業がジャンルやキーワードを指定し、それに関連する記事を執筆します。

1記事辺りの文字数と単価が決められており、1記事400文字で100円、500文字500円の様に、単価は様々です。特別な知識を必要としない記事は単価が安く、専門的なスキルや知識を必要とする記事は単価が高くなっています。上記の場合ですとそれぞれ1文字0.25円、1文字1円ですね。ただ、実績が必要となる事もありますので、最初から高単価の記事の仕事を請けるのではなく、1文字0.3円程度の物から始めると良いでしょう。

1時間当たり1,000文字程度執筆できるので有れば、十分始めてみる価値はあります。

在宅ワークの仕事を探せるサイト

ここでは、おすすめの在宅ワーク求人サイトをいくつかご紹介します。
どのサイトも信頼性が高く、様々なジャンルの仕事が掲載されていますので、是非一度覗いてみて下さい。

・クラウドワークス(http://crowdworks.jp/)
今話題のクラウドソーシングサービスです。開発、デザインなど、プロ向けの仕事も多いですが、在宅でのデータ入力業務、ライティング業務なども多数登録されています。基本的にオンライン・非対面で仕事が完結します。、

・ジョブチャンネル@SOHO(http://www.job-ch.net/)
クリエイティブ系からオフィスワークまで多数の求人情報が掲載されています。データ入力の求人がやや多めです。

・@SOHO(http://www.atsoho.com/)
発注者(クライアント)の住所が原則公開されているため、信頼性の高いサイトとなっています。データ入力やデータ収集はやや少な目ですが、ライティング・文章作成に関する求人は常に3桁近くありますので、文章執筆を主体に仕事をされたい方におすすめできるサイトです。中にはメールマガジンのライター求人など、他ではあまり見られない求人もあります。

E146_lalaganyubisasu500

在宅で仕事をして楽しい生活を

在宅ワークは、一見全然儲からない、つまらないと思われがちです。

しかし実際には、ご自身のスキルや一日の仕事(稼働)時間によって、外で働くよりも稼いでいる方もたくさんいらっしゃいます。子育てをしながらだったり、家事をしながら仕事をすると、時間に制約がある場合さほど稼げないかもしれませんが、少しでも稼ぎたいという方には、在宅で仕事はとてもおすすめです。

数100円の小さな仕事から、数万円の報酬の仕事まで、本当に幅広い業務がありますし、それは今後どんどん増えていく可能性が高いです。在宅ワーク自体が一般的になり、より多くの方々にスキルと時間を活かして小さな稼ぎを実現していただければと思っています。

在宅ワークは、めげずに続けていればある程度安定した収入を得ることが可能です。
努力が報われるように、少しでも長く続けてみてください!

自宅で稼ぐ!
おすすめ在宅ワーク特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

在宅ワークのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る