日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « Webライターになりたい人必見!必要なスキル・知識を解説します!

クラウドソーシング

  1. Webライターになりたい人必見!必要なスキル・知識を解説します!


Webライターになりたい人必見!必要なスキル・知識を解説します!


はじめに

3355-01
引用元: 写真素材 足成

みなさんはWebライターという職種をご存知でしょうか?現在ではフリーランスやプロを問わずたくさんのこういったライターが活躍しています。中には会社に在籍し、その会社の商品企画部に所属した専属のWebライターもいます。主にWeb上の記事やコンテンツをライティングするのですが、媒体自体もさまざまなものがあります。メールマガジンや、ブログ、ECサイトの商品説明文、ランディングページと呼ばれる広告ページの文章などなどです。

こういった媒体に関わるので、通常のライターとは違い若干の専門知識を要するWebライターについて、今回はご紹介していきます。



必須資格はないが、必要なスキルはある

Webライターに特別な必須資格はありませんが、必要なスキルはもちろんあります。基本的にWebライターはWeb上の記事を取り扱いますので、最低限のパソコン知識が必要になります。ブログの管理画面から執筆をしたり、WordやExcelを使用したり、はたまた特殊な専門投稿フォームへ執筆していったりと、さまざまなライティングシーンがあります。また、紙媒体のものであれば完成イメージがしやすいのですが、Web媒体のものはこういった知識がないと完成イメージを持つことがなかなか難しいものです。

「記事自体は容易に書けるけど、結局これってどこにどういった風に掲載されるのだろう」

といった具合ではやはり記事自体のクオリティーも下がってしまいます。また、基本的にどんなビジネスでもそうですが、細かな修正・訂正などに対応するため一定のコミュニケーション能力も必要になります。さらに言えることとしては、こういったWebライティングの場合は印刷物と違い非常にスピードを求められます。

メールマガジンなどはとくにそうですが、更新頻度が毎日のものも簡単に発行できてしまうので、スピードが極端に早くなります。さらには納期も厳守していかなくてはなりません。こういった背景からも言えるのですが、Webライターに関してはとくにこういった時間管理や仕事のマネジメント、コミュニケーションなどなど、在宅ワークとしての一般的な常識よりもさらに気を配って案件に関わっているライターさんが多いように思えます。

発信者としての文章力・構成力

ライティングの基本的な文章力ももちろん必要になります。Webライティングの場合、紙媒体のものと違い、さまざまな媒体があります。ブログでも対顧客を相手にするものもあれば、一般の読者を相手にするものもあります。文章スタイル自体もさまざまなものがあります「です・ます調」や、「口語調」などなど、その媒体の種類によって使い分けていく必要があります。

また、Webの場合、紙面がほぼ上から下へと遷移するものがほとんどです。なので、基本的な構成力が問われてきます。起承転結をしっかりと意識した文章の構成が必要になってきます。

SEOの知識があれば有利

SEOというのは「検索エンジン最適化」とも呼ばれるもので、Web独特な用語になります。GoogleやYahoo!などみなさんはご存知だと思うのですが、Web媒体の文章の場合、こういった検索エンジンに掲載され、そこからまず最初に呼び込むべき読者がやってきます。

そのため、いかに検索エンジンの検索結果の上位に表示されるかで読者数が大幅に増減します。こういった「いかに検索エンジンの検索結果の上位に表示させるか」といった技術がSEOと呼ばれるものです。

このSEOの技術の中で大きなものとして占めるのがそのWebページの中にある「文章」です。Webページを構成しているHTMLと呼ばれる文章の書き方もそうなのですが、検索エンジンはこういったコンテンツ自体の文章内容やHTMLと呼ばれる文章の構成などを読み、それぞれの検索語句に沿った検索順位を決めていきます。

その検索順位の決め方には一定の法則があり、その法則になるべく沿って文章を構成していくことによって検索結果の順位に影響を与えるのです。たとえば、「母の日」に関するブログ記事のライティングの場合、読者は「母の日」といったキーワードで検索するのは容易に想像ができます。ですが、そのブログの文章の中に「母の日」といったキーワードがまったくない場合、検索エンジンはそのブログ記事の「母の日」をキーワードとした検索結果の順位を下げてしまいます。

それでは逆に「母の日」という言葉をできうる限り盛り込んで文章を書けばいいのかというと、実はそうでもありません。検索結果のために不必要に文章を捻じ曲げて該当のキーワードを盛り込んでしまうと、今度は逆に検索エンジンが「作為的である」と捕らえ検索結果を下げてしまうのです。こういった「キーワードの出現率」と呼ばれる技術もSEOの範疇になります。

まとめ

3355-02
引用元: 写真素材 足成

いかがでしたでしょうか?

Webライターには通常のライティングとは少し違った側面が多くあることがお分かりいただけたと思います。最近ではどの企業もWebの影響力を非常に重要視しています。自社の製品をECサイトやFacebookに展開し、ツイッターやメールマガジン、キャンペーンサイトなどで告知宣伝していく手法も定着をしてきています。こういったWebを絡めた企画宣伝のため、自社にWebライターを専門に配属して商品企画をしている会社も非常に多いです。

案件自体も多くありますので、Webライターを目指している方は基本的な社会人としての常識や、在宅ワーカーとしての一般的な知識、文章力、とくにWebライターの場合はSEOと呼ばれる知識なども持っていると非常に「強み」となりますので、ぜひがんばってみてくださいね。

自宅で稼ぐ!
おすすめ在宅ワーク特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

在宅ワークのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る