日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « もっと人と関わりたい!在宅デザイナーが人脈を広げる3つの方法

クラウドソーシング

  1. もっと人と関わりたい!在宅デザイナーが人脈を広げる3つの方法


もっと人と関わりたい!在宅デザイナーが人脈を広げる3つの方法


はじめに

3333①
引用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

在宅で仕事を行うデザイナーは、単独作業が多く、孤独を感じることもあります。クライアントや同業者などと、仕事を通じて人脈を広げる機会がなかなかありません。新たなクライアントを見つけて、仕事量を増やすことや、同業者と親しくなり、情報交換を行うことが難しい環境にあります。フリーランサーが人脈を広げるための3つの方法について、まとめています。

シェアオフィスを利用してみよう

シェアオフィスとは、複数の利用者がデスクやブース、個室を共有する形式のレンタルオフィスをいいます。多くの場合、インターネット環境は整備されており、来客や宅急便の対応などのコンシェルジェ機能を有していることや、会議室を備えていることもあります。フリーデスクという形態では、様々な業種に携わる人と席を並べて、仕事をすることができます。シェアオフィスによっては、セミナーやイベントなども開催され、利用者同士の交流を図ることができます。シェアオフィスは、運営形態や利用方法によっては、業種の枠を超えたコミュニケーションの場として、活用することができます。

クラウドソーシングサイトに登録

インターネットで、クラウドソーシングサイトに登録することで、新たなクライアントと出会えるチャンスが生まれます。クラウドソーシングサイトによっては、プロジェクトごとに応募者の中から契約して業務を依頼する方式だけではなく、広く登録者からアイディアを募るコンペ方式を行っているところもあります。得意分野の取引先を増やしたいときにも、仕事の幅を広げたいときにも、クラウドソーシングサイトを利用することは、有効な手段です。ほとんどのクラウドソーシングサイトは、登録料が無料または低価格ですので、気軽に利用することができます。

3333②
引用元:無料画像素材のプロ・フォト

イベントやコンペに参加する

デザイナーやフリーランサーに向けたイベントに参加することで、情報を得るだけではなく、同業者同士の横のつながりを得るきっかけになります。同業者は、仕事についての相談をするだけではなく、仕事を斡旋しあう関係にもなり得る存在です。長くフリーランサーを続けていくためには、欠かせない存在です。広く募集が行われているコンペに参加することも、仕事を受注し、新たなクライアントをみつけるチャンスになります。

まとめ

インターネットのWebサイトやSNSを通じて、様々な情報を得られる時代です。情報を上手く利用し行動に繋げることで、人脈を広げるきっかけになります。人脈を広げるためには、視野を広げ、自ら一歩を踏み出す努力をしましょう。

自宅で稼ぐ!
おすすめ在宅ワーク特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

在宅ワークのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る