日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 在宅Webデザイナーに必要なものとは?仕事内容と必要スキルを解説

クラウドソーシング

  1. 在宅Webデザイナーに必要なものとは?仕事内容と必要スキルを解説


在宅Webデザイナーに必要なものとは?仕事内容と必要スキルを解説


はじめに

4-89769ec18a76fae4d4258296ebd9f67b
引用元:写真素材 足成

現在、在宅ワークスタイルを取るフリーランスのデザイナーが増えてきています。在宅ワークの中でもwebデザイナーは昨今注目を浴びているカテゴリーでもあります。webデザイナーとは一体どのような仕事内容をこなしていくのでしょうか?そこでwebデザイナーの仕事内容と特徴をご紹介していきましょう。

webデザイナーとは?

一般的に一つのホームページを構築する上で必要なクリエイターは5種類だといわれています。それは、webディレクター、webデザイナー、ライター、コーダー、プログラマーです。中でもwebデザイナーがwebディレクターとコーダーを兼ねる場合もあります。具体的な役割としては、webディレクターはホームページ作成依頼者と打ち合わせをし、企画設計をしてスタッフに指示を出すいわば現場監督の存在です。
webデザイナーはwebディレクターの企画にもとづいて、ホームページのデザインを行います。コーダーはwebデザイナーが仕上げたデザインのデータをhtmlにします。プログラマーは、ホームページに設置するコンテンツのプログラムを組みます。
webデザイナーは、ライターがつくった文章やコピーを見てデザインを作る役どころです。ざっくりとした説明ですがwebデザイナーはホームページの見栄えを整える役割をする仕事だといえるでしょう。

始めるのに必要なもの

P引用元:modelpiece

在宅のwebデザイナーに求められるものとして、まずはスキルです。それは、Photoshop・Dreamweaver・html・CSS・java scriptに関するもので、これらは教育機関で学んだ人もいれば独学で学んだ人も多くいます。webデザイナーとして収入を得るには、ホームページを作成できるだけではなれるものではありません。webデザイナーに求められるスキルは、『優れたデザイン力』だけではなく、クライアントの意向に沿える表現力だといえるでしょう。

また、会社勤務であれば会社が所有していたPCやソフトを使う事ができましたが、在宅でデザインをする場合、必要なPCとソフトは自分で用意する必要があります。

努力次第で高収入!

webデザイナーは、努力次第で在宅ワークでも十分な収入を得られる可能性があります。一つの案件でも50万円から取れる案件も存在しますし、ページが増えればその分上乗せされ100万円以上の案件も存在します。努力次第で高収入は可能です。

おわりに

昨今、フリーランスのデザイナーに求められているのは、専門性に長けたスペシャリストというより、広いスキルを持っているゼネラリストが重宝される傾向にあります。クライアントの意向に沿うには上記に挙げたスキル以外にも、IllustratorやFlashなど他のソフトウェアのスキルが必要になるかもしれません。表現力が重視されるwebデザイナーとしてやっていく為には、ゼネラリストとしての存在価値を高められるようにスキルアップを目指しましょう。

自宅で稼ぐ!
おすすめ在宅ワーク特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

在宅ワークのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る