日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 在宅ワークに有利な資格ってなに?人気のある資格を紹介いたします!

クラウドソーシング

  1. 在宅ワークに有利な資格ってなに?人気のある資格を紹介いたします!


在宅ワークに有利な資格ってなに?人気のある資格を紹介いたします!


通勤や面倒な人間関係もない、このようなメリットが注目される在宅ワークは、多くの人に人気です。

在宅で安定して仕事をする場合でも、資格はないよりあったほうが有利です。
今回は在宅ワークで安定した仕事を得るのに役立つ資格についてご紹介します。

カラーコーディネータ

画像1 (21)
引用元:pixabay.com

在宅ワークでも案件が多いのがデザイン系です。

カラーコーディネータの資格があれば、企業が求める新商品のイメージをカラーで表現したり、人目につく配色でインパクトを表現できるようになるので、仕事を得るのに有利なスキルの一つです。

カラーコーディネータの資格は、(社)日本カラリスト協会が主催している、パーソナルカラリスト検定2級、または3級が資格として生きるラインです。マークシート方式の検定で、試験は年に2回行われています。半年の講座受講費用は、通信でおよそ5万円前後です。

活躍の場は、ウェブサイト上での露出、出版や広告にデザインが採用されるなどの他、デパートやショップのPOP作成や、ブライダル業界、メイク・ファッション業界など多岐にわたります。

ウェブクリエイター能力認定試験

画像2 (18)
引用元:pixabay.com

サーティファイ Web利用・技術認定委員会が主催する、Webサイト制作におけるデザイン能力の評価や、webページのコーディング能力を評価する試験です。HTML5を用いてマークアップしたり、CSSを用いてレイアウトを作成したり、読みやすいデザインやレイアウトを作成できるかを評定します。

「エキスパート」「スタンダート」の2種類があります。

スタンダートなら実技試験のみで、検定にかかる時間も130分です。受験料は5,600円と手軽です。公式テキストは2,700円で売られています。毎日、1~2時間の時間を見つけて、コツコツと基礎技術を習得していきましょう。

ウェブ作成の基本的な技術を習得できるようになるので、より高度な能力を活かすことが可能です。
デザイン系の在宅ワークで、強みを発揮できます。

Photoshop クリエイター能力認定試験

スマホで情報サイトやインターネットショップを閲覧すると分かるように、現代は、画像加工の技術はウェブサイトの顔になっています。画像をよりよく見せる、より魅力的に見せるには、画像編集ソフトPhotoshopの技術が欠かせません。

そこで有利になる資格が、Photoshop®クリエイター能力認定試験です。

グラフィックコンテンツの編集や制作に関する「実技問題」と「実践問題」に挑戦して、高度なスキルを習得することができるようになります。

試験は「エキスパート」「スタンダート」の2種類です。スタンダートなら受験料は7,200円です。試験問題集は2,592円で売られています。

クリエイターとしてのスキルを磨くことでデザイン系の在宅ワークで重宝します。また、実際の転職活動にも有利となる場合があるでしょう。

画像編集の強みをつけておけば、在宅ワークの案件に困ることもないでしょう。

翻訳スキル向上 TOEICスコア

画像3 (19)
引用元:pixabay.com

在宅ワークでも高額になるのが、翻訳業です。あらかじめ英語の基礎がある方なら、TOEICのスコアをあげることで翻訳作業を受注できる可能性がアップします。

しばらく英語にふれていなかった場合なら、TOEICのテキスト復習は翻訳の質をあげる訓練になります。トータルスコア700点で、ネイティブクラスの英語力と判断されるので、在宅ワーク以外にも外資系への転職にも重宝します

テストは年に10回、全国規模で開催されます。スコアにあったテキストの購入費は2,000円から5,000円程度です。

在宅ワークでは、海外ニュース記事を日本語で紹介したり、逆に日本語記事を英語記事に翻訳します。相場は1記事あたり1,500円前後です。

海外向けのホームページ作成にも参加できます。内容によりますが、案件1件あたり50,000円前後の報酬になります。
語学力を鍛えることで、翻訳系の在宅ワークをコンスタントに獲得できるようになります。

これらの資格を得て、人気の在宅ワークにいろいろとチャレンジしてみてください。

自宅で稼ぐ!
おすすめ在宅ワーク特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

在宅ワークのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る