日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « プログラマを自宅で行う フリーランスと会社員の年収差は?

クラウドソーシング

  1. プログラマを自宅で行う フリーランスと会社員の年収差は?


プログラマを自宅で行う フリーランスと会社員の年収差は?


インターネットやスマホの普及により、現代社会は様々な分野でプログラマを必要としています。
Web系、制御系、オープン系や、ゲーム系、通信系など、プログラミングもそれぞれ特徴があります。
自分の得意な分野で在宅でプログラミングの仕事を請け負うことも可能です。

たとえば自宅でフリーランスで働くケースと、会社に所属してサラリーを貰うケースでは、
プログラマーはどちらの年収が良いのでしょうか?
プログラマの働き方における、お金のアレコレについて紹介します。

会社員で働くプログラマの平均年収

画像1_comp
pixabay.com
会社に所属して給料をもらう一般的な会社員の場合、プログラマの平均月収は30万円前後です。
年収にして400万円が平均的です。

会社の規模によって年収に差がでる傾向にあります。
従業員数が1,000人未満の会社では400万円1,000人を超える大企業になると550万円が平均です。
会社の規模によってプログラマの年収差は顕著です。

性別によって収入も大きく異なります

また、同じプログラマの仕事をしていても、男女で年収が異なるのも特徴です。
男性プログラマの平均年収は450万円、女性は380万円です。
その差は70万円近くなります。

勤続年数を重ねることで、男性は管理職や役職について年収が500万円を超えるようになりますが、
女性は400万円台にとどまるケースが多くあります。

たとえプログラミングの能力が同程度でも、男女差が生まれる不均衡が見られます。
※業界全体でも男女の賃金差をうめようという働きがあり、当記事はいずれの状態に対し良し悪しの立場を取るものではありません。

在宅のプログラマ お金事情は?

画像2_comp
pixabay.com

プログラミングの仕事は、通信環境や機材の準備が整えば自宅で行うことも可能です。
またはエージェントに登録して、派遣先の企業で仕事を請け負うフリーランスという働き方も存在します。
ここでは自宅でプログラマーになる際にかかる費用や、年収などについて紹介します。

在宅ワークの初期費用

自宅のIT環境を整えるのは必須です。
一日に数千行のテストコードを書いたり、バグの発見に何時間もパソコンの前に張り付く場合があります。

プログラミングで利用されるパソコンが特別に高性能である必要はありませんが、
普通は大量の画面を開いての作業になるので、それなりの性能が必要です。

ソースコード編集画面、ウェブサイト画面、テキスト、
その他複数のファイルを同時に開いてもストレスがないレベルのパソコンを用意します。
購入費用は多くの場合で10万円台から15万円です。

OSが問題になる場合には、WindowsかMac OS両方が必要な場合もありますが、
C言語やJavaといったメジャーな言語なら、いずれも問題ありません。

一層の作業効率を求めるなら、19型以上の液晶モニタがあれば便利です。
購入費用は平均5万円台です。

在宅ワークの年収事情は?

気になる年収は、どのような案件を請け負うかで大きく異なります。
在宅ワークのなかではかなりの高収入となる業務です
とくにアプリの開発案件は人材が不足して、売り手市場となっています。

案件の要件定義や、仕様に携わる開発メンバーとして在宅で行った場合には、70万円以上の収入が期待できます。
実際の運用経験や、設計思想をよく理解する能力や、クライアントとのコミュニケーション能力といった
社会人としての一般的スキルが必要です。

新規システムの開発や、要件追加なども、30万円から70万円の月収入になります。
スマートフォン向けのゲームアプリなどの開発では、一つの案件で300万円を目指すことも可能です。

クラウドソーシングサイトなどを検索すると、プログラマの業種は高単価です。
自分のスキルにマッチしている案件を探してみてください。

会社員と在宅 どちらがよい?

画像3_comp
pixabay.com
会社員で働く場合には、会社規模と性別によって年収差が開きやすい傾向にあります。

在宅なら通勤の時間も節約できます。
年齢や性別で単価に差がありませんので、スキルのみで勝負できるというメリットもあります。

自宅で稼ぐ!
初心者OK!在宅ワーク求人特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

在宅ワークのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る