日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 求人募集は掲示板!?在宅ワークの移り変わり

クラウドソーシング

  1. 求人募集は掲示板!?在宅ワークの移り変わり


求人募集は掲示板!?在宅ワークの移り変わり


徹底比較!在宅ワークの今と昔

仕事に対する価値観の多様化により、現在は様々な働き方が存在しています。時短勤務やフレックスタイムの導入はもちろん、最近ではカフェや図書館等特定のオフィス以外の場所でも仕事をするノマドワーカーなるものまで出現してきました。
その中でも、時間や場所にとらわれない働き方として昨今注目を集めているのが『在宅ワーク』です。本業を在宅で行う人はもちろん、副業として在宅ワークを始める人やお小遣い稼ぎに気軽に取り組む人など、今の時代に合った働き方として今後ますます拡がりをみせていくでしょう。

パソコンの普及と共に、インターネット通信も驚くほどのスピードで発展していきました。
時代の流れとともに、在宅ワークもパソコンやインターネットを利用することが一般的になっています。技術の発達とともに在宅ワークのあり方は変わってきたのか、それとも変化はないのか。在宅ワークの今と昔の違いをご紹介します。

一番の違いは求人の探し方

従来の在宅ワークの求人募集は、インターネット上の掲示板で行われていました。
現在も在宅ワークを募集する掲示板は存在しますが、より分かりやすい仕組みが出来上がっています。それが、クラウドソーシングサービスです。クラウドソーシングとは、インターネットを介して、不特定多数の人に仕事を発注する仕組みです。
クラウドソーシングサイト上でスキルを持つ人と、仕事を依頼したい発注者のマッチングを行います。掲示板とクラウドソーシングサイトの違いについて、“安全性”、“案件数”、“報酬”の面から比べていきます。

安全性:掲示板<クラウドソーシングサイト

01
pixabay
インターネット上には、在宅ワークに関わらず、何かを募集したり、あるいはコミュニケーションの場として様々な掲示板が存在しています。そのほとんどはインターネットさえつながっていれば誰でも簡単に閲覧することができます。
また、実名を用いることはほとんどなく、匿名で利用できる気軽さが受け入れられ、若者を中心に拡がっていきました。在宅ワークの募集に関するインターネット掲示板も同様で、居住地に関係なく誰でも平等に探すことができました。
しかしながら、匿名性が強いインターネット掲示板では募集元の身元が確実に保証されるものではなく、安全性は高いとは言えませんでした。良くも悪くも、応募者の自己責任に寄るところが大きかったのです。

一方、クラウドソーシングサイトを利用するには、会員登録が必要になっているため、匿名で利用することはできません。
実際仕事を発注・受注する場合には、実名はもちろん、メールアドレスや電話番号、住所等の個人情報を登録します。身分の確認には、運転免許証などの身分証明書の提示もあります。
よって、安全性はクラウドソーシングサイトの方が高いと言えるでしょう。

案件数 : 掲示板<クラウドソーシングサイト

02
pixabay
掲示板での在宅求人募集は時期によってバラつきがあります。
また、掲示板は更新順に表示されますので古い情報は順次埋もれていってしまいます。その為、案件を探すのはタイミング次第なところがありました。

クラウドソーシングは安全性の高さから、多くの企業も求人を出すようになり、求人の種類も数も豊富です。またクラウドソーシングサイトは、在宅ワークの求人をただ告知するだけではなく、マッチングサイトとして位置づけされています。
そのため、発注する側も応募する側も、わかりやすく使いやすい仕組みができています。

報酬 : 掲示板≦クラウドソーシングサイト

03
pixabay
報酬は仕事によって異なるので、一概にどちらが高いとは言えません。
しかしながら、クラウドソーシングのほうが優れているとされる点は、報酬額が掲示板よりも保証されているということです。掲示板は匿名性も高いことから、信頼関係が築きにくく、金銭のやり取りに関するトラブルは少なくありません。
クラウドソーシングを利用すると、クライアントと受注者の他にクラウドソーシングサイトの運営者である第三者の目が入ります。プロジェクトを進める際に必要な、仕事の発注から条件交渉、報酬の受け渡しまで一貫して行える仕組みが出来上がっています。

また、過去の取引実績が確認できるため、実績を積むことで単価が上昇する傾向においても、この事がいえるでしょう。

自宅で稼ぐ!
おすすめ在宅ワーク特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

在宅ワークのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る