日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 高収入!?薬剤師の知識を活用して出来る在宅ワークとは?

クラウドソーシング

  1. 高収入!?薬剤師の知識を活用して出来る在宅ワークとは?


高収入!?薬剤師の知識を活用して出来る在宅ワークとは?


薬剤師になるには、6年制の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格する必要があります。薬剤師の業務は、医師が診断した結果の薬剤の調合や処方を行ったり、また医師の診断を手がかりに実際に薬剤を処方することもあります。薬剤師は実質的な医療の担い手です。

このような専門的な知識を習得している薬剤師の年収は高額ですが、在宅ワークでも同様に、需要が大きく高い報酬を期待できます。

在宅ワーク可能な薬剤師の仕事を紹介します。

知識を活かして 記事を執筆

画像1 (33)
引用元:pixabay.com

薬剤師が書いた記事には、大きな魅力があります。プロの目線で書かれた記事は有益な情報が多く、読み手へのアプローチにしっかりしたバックボーンがあるので、需要も報酬も高めです。

薬剤文献などの翻訳

海外で使用されている薬剤についての解説翻訳や、医学や薬学の論文翻訳、企業研究レポートの翻訳などがあります。専門用語を読み解く能力の他にも、語学力も必要です。かなりの高単価の在宅ワークとなります。
内容によりますが、解説や論文なら1件1~5万円から、長文に及んだり特殊な分野のレポートなら、場合によっては10~30万円以上の報酬も可能です。

美容や健康のメディカルサイト

現代人の多くは、自分の健康が気になっています。体調の不良や体の痛みがあれば、さっとパソコンで検索することも多くあります。女性なら、やはり美容について多くことを知りたい、専門的なアドバイスを得られるならもっといい、と考えます。

ユーザーのこのような要望から、美容・健康にフォーカスしたサイトのコンテンツ記事作成の在宅ワークが増加しました。専門的な知識が活かされている記事は、多くの人に好まれています。

このような記事を執筆するには、薬剤師としての知識が役立ちます。資格を持っていることを大いに活用できる在宅ワークです。報酬もよく、2,000文字の記事なら2,000円~3,000円前後となります。コンスタントに執筆することで、収入も安定します。

メディカルサイトのコンテンツ作成や監修も

各種クリニックのホームページの監修などを行える場合もあります。病気についての紹介記事、薬についての解説などを作成します。

医療に関わるコンテンツは間違いがあってはならないので、正確な内容を要求されます。プロのライターに依頼するよりも、薬剤師の資格を持っている人を対象にして、コンテンツの依頼をします。報酬も異なりますが、記事や解説1つにつき、3,000円から5,000円前後が相場になります。

自分の知識や経験を活かす レビューや体験談

画像2 (30)
引用元:pixabay.com

多くの人にとって、医療業界の事情には明るくないものです。医療の裏側や、こんな体験をしたといった実話や体験談は、一般の人にとって興味深い題材となります。

実話や体験談も貴重です

「こんな驚くような患者さんがいた」「病院で起こった感動する話」なども、一般的に好まれる題材です。業界特有の不思議ルールや、知られざる裏側といった体験的なレビューを記事にします。
体験した内容は、プロのライターが書き直したりする場合もあるので、体験談としての話そのものが重要になります。体験談ひとつの提供で、報酬は1,000円から2,000円前後です。

SOAPの事例紹介など

新人薬剤師教育などに利用される、SOAPの事例を紹介する在宅ワークも存在します。
患者さんの訴えの事例、客観的な事実やデータ、問題への評価、それらから判断された結果として、どんな処方を行ったのかといった事例を紹介する仕事です。
1つの事例紹介につき、1,000円以上の報酬を期待できます。

薬剤師試験 過去問解説

過去問題の解説という在宅ワークもあります。問題文や回答について、分かりやすい説明や解説が主な作業です。このような作業は薬剤師としての知識と経験を持っている人でなければ、なかなか行えません。

自分の知識をそのまま活かせます。報酬はそれぞれですが、1件の解説につき100円から300円前後になります。まとめて数百の問題を引き受ける場合が多いので、まとまった収入となります。

自宅で稼ぐ!
おすすめ在宅ワーク特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

在宅ワークのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る