日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 自宅で仕事する際、役立つ資格をピックアップ

クラウドソーシング

  1. 自宅で仕事する際、役立つ資格をピックアップ


自宅で仕事する際、役立つ資格をピックアップ


資格を取って本格的に自宅で仕事をしよう!と決めたら、資格を取るために必要な費用や期間、その難易度なども知っておきましょう。

資格が活かせる在宅ワークはたくさんありますが、報酬はそれぞれです。お小遣い稼ぎくらいの報酬か、在宅ワークのみで生活するのかといったスタイルによっても、資格が活かされる金銭的なメリットは異なります。

自宅での仕事に活かせる資格について紹介します。

比較的簡単に取得できる資格は?

画像1 (36)
引用元:pixabay.com

結婚して仕事をやめた女性や、子育ても一段落、在宅で出来る仕事がないかな…副業くらいの収入が欲しいなと考える主婦の方にお勧めの資格です。

カラーコーディネーター 簡単1位

カラーコーディネータの資格が、広告デザインの作成やバナーデザインの在宅ワークに活かせます。
感覚的に色づけを行うのではなく、戦略的な色付けを行うことが出来るようになるので、クライアントが意図するデザインをカラーによって表現する、そんな専門的な目線を獲得できます。

(社)日本カラリスト協会で主催している、パーソナルカラリスト検定2級、または3級を目指してみてください。案件獲得に有利となる目安です。試験はマークシート方式で、検定は年に2回行われています。通信教育でかかる期間は平均半年、教材費用は5万円前後になります。

Photoshop クリエイター 簡単2位

画像加工が好きな人には、とくに向いています。画像の編集にも、Photoshop®クリエイター能力認定試験の「スタンダート」資格があれば、確実に仕事をこなせる能力を獲得できます

仕事ですこしPhotoshopを使っていたという人なら、取り組みやすい資格です。試験には実技問題と実践問題があります。スタンダートの受験料は7,200円です。試験問題集は2,000円から3,000円で売られています。

空いた時間に画像を編集するという趣味も兼ねて、試験に挑戦してみてください。資格を取れば、案件獲得の際にアピールポイントとして活きます。

難易度中程度 ITスキル

画像2 (33)
引用元:pixabay.com

現代に欠かせないITスキルのなかでも、スマホのコンテンツ作成で威力を発揮するPHPの資格は、学生やWebデザイナーにとって魅力です。ネットワーク案件も豊富にあるので、ベンダー資格なども検討してみてください。

PHP5技術者認定初級試験

プロメトリック社の試験会場で行われます。ペーパーによる試験も可能です。
PHPプログラミングの基本知識について問われます。2011年4月から始まったばかりですが、就職にも有利なので、多くの学生が挑戦しています。

資格を取ることで、基礎的知識を備えていると判断されるので、高額の案件を獲得しやすくなります。

シスコ技術者認定資格

ネットワークの管理、運用に関わる人なら持っておきたいベンダー資格です。この資格があれば、ネットワークエンジニアとして即戦力となる指標となるため、案件の引き合いが違います。もっとも簡単なエントリーレベルから、最上級のアーキテクトまで、5段階のレベル分けがされています。

法律を扱う資格は超難関

画像3 (33)
引用元:pixabay.com

公的文書の作成や届け出を行える行政書士は、試験の合格率が3%から10%となり、かなりの難関です。多くは法学部に通いながら独自に勉強をして挑むことになります。

財団法人 行政書士試験研究センターが主催する行政書士の試験は、試験の出題範囲が広く、体系的な勉強が必要になります。法理論や行政手続きについて、また行政や賠償法など、さらには政治・経済にまで試験範囲が及びます。
また、法的な思考能力や解釈、理解力がなければ試験に合格できません。しかし資格を得ると、在宅ワークでの幅は広がります。企業の書類作成を引き受けたり、1件につきいくらなどの、代理記入ができるようになります。

そのため、行政書士として在宅で働くと年収は高額です。開業から5年ほどは400万円台ですが、経験を重ねると700万円台の安定した仕事になります。

自宅で稼ぐ!
おすすめ在宅ワーク特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

在宅ワークのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る