日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 行政書士で在宅ワークを行うために必要な資格

クラウドソーシング

  1. 行政書士で在宅ワークを行うために必要な資格


行政書士で在宅ワークを行うために必要な資格


行政書士とは、行政書士法という法律で定められている国家資格の取得者を言います。中央官庁や地方支部局、または地方公共団体などのいわゆる役場に、公的文書を作成・提出できる資格のある人です。

行政書士の仕事は、公的文書の作成や、作成の相談を受けて代理作成したり、提出の代理といった仕事を請け負います。

行政書士の仕事は在宅で行うことも可能です。行政書士の仕事について紹介します。

行政書士になるには

画像1 (37)
引用元:pixabay.com

行政書士の試験合格率は5%前後です。受験資格に制限はありませんが、一定の法律知識が必須であるため、法学部出身者が多いのが特徴です。

必要な知識や学習時間

行政機関に提出する書類を作成するための法律の知識は、かならず必要になります。各種契約書や権利義務、事実証明書を作成するため、これらに関わる法律について体系的な知識が必須です。
そのため法学部出身者が多くいます。独学で行政書士を目指すなら、なんらかのスクールや通信講座を利用し、1年ほどの学習は必要になります。費用は、教材セットの購入で5万円前後になります。

1日に2~3時間の学習が必要です。みっちり6か月やり、2~3回の受験で合格する人もいます。合格のポイントは、とにかく法律の知識を詰め込むところにあります。

資格を取得したら

めでたく合格したら、行政書士会への登録・入会をします。
多くの行政書士は個人で開業していることがほとんどなので、求人件数はあまり多く見らません。大手の事務所などに所属して、数年間の経験を経てから開業するなどの工夫が必要です。

開業するには、地域の行政機関に届け出を行い、事務所を登録します。その後に個人事業開廃業届出書を税務署に提出することで、開業可能となります。

自宅で開業 行政書士の仕事

画像2 (34)
引用元:pixabay.com
行政書士の仕事の大半は、公的文書や、届け出書類の作成です。書類の作成には会議や議論が必要ではない場合も多いので、在宅で行ったほうが効率がよい傾向にあります。
行政書士の在宅ワークについて、求められる能力や収入の平均について紹介します。

必要な能力

法律の知識はもちろんのことですが、行政書士には特に、事務処理能力が求められます。1つの案件を完成するのに、複数の書類記入が必要となります。添付する書類を揃える、不備なく網羅するといった能力は、法律とはまた別のスキルです。

慎重なタイプで集中力があり、書類を記入するまえから準備を行ってミスを抑える努力を怠らない。このような人に向いている職業と言えます。

役所への外出も多い

作成した書類を提出するために、意外と外出も多くなります。行政書士が作成できる文書は3,000種もあるため、文書の届け出先は、市役所・区役所、公共団体、税務署と幅が広くなります。
クライアント先への訪問も多く、書類のやり取りや調査といったことで時間が取られる場合もあります。

女性の活躍の場

行政書士には、女性が多いのも特徴です。やはりきめ細かい作業が中心となるので、女性の丁寧さなどが仕事に反映されます。行政書士は離婚問題などを扱う場合もありますが、その際に、女性側の相談相手として女性の行政書士を希望する依頼者なども増えています。

年齢や性別に関係なく働ける職業です。資格の強みをよく活かせるのも、行政書士の魅力です。

在宅での収入目安

在宅で仕事を行った場合の収入は、仕事のやり方によって異なりますが、開業から5年ほどで、おおむね600万から700万円になります。
開業初期は顧客獲得がなかなかうまくいかないといった事情が見られるので、400万円前後が平均的です。それでも行政書士は高収入な職業です。

ダブルライセンスが活きる

行政書士として働くには、ダブルライセンスの取得が効果的です。
司法書士、社会保険労務士などの資格をとっておけば、包括的な業務を執り行うことが可能になります。土地家屋調査士の資格なども重宝されます。
様々な分野の法律に精通する自己学習が、スムーズな業務の助けとなります。

自宅で稼ぐ!
おすすめ在宅ワーク特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

在宅ワークのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る