日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 稼ぐSEは在宅ワークで生計を立てる!次世代SEの働き方

クラウドソーシング

  1. 稼ぐSEは在宅ワークで生計を立てる!次世代SEの働き方


稼ぐSEは在宅ワークで生計を立てる!次世代SEの働き方


そもそもな疑問。SEでも在宅ワーカーとしてやっていけるのか?

01_comp
pixabay

SEのスキルは在宅勤務を可能にする大きな武器です。

在宅ワークという働き方が広まる昨今、企業から個人に発注する仕事の種類も多様化し、
在宅ワーカーの需要は、今後ますます拡がりを見せていくでしょう。

在宅ワークで得られる報酬は、その人が持っているスキルや経験に比例します。
専門職であるSEは誰にでもできる仕事ではありません。
そのスキルは在宅ワーカーにとって大きな武器になります。

「SEが在宅ワーカーとしてやっていけるのか?」その問いの答えは「YES」です。
在宅ワークとして生計を立てること、最初の一歩を踏み出すことができればゴールはそう遠くはないと思います。

実際どうやって始めたらいいの?在宅SEの始め方

まずは、クラウドワークスへの登録から

かつて個人が在宅で仕事をする際に、まずぶつかるハードルは仕事の探し方でした。
しかし、これはもう昔の話。
インターネット上で仕事を外注できるクラウドソーシングが広まった今は、
特別な人脈がない個人でも比較的容易に仕事を受注することができるようになりました。

国内最大級のクラウドソーシングサイトの“クラウドワークス”なら、簡単にかつ安全にクライアントから仕事を受注することができます。
まずは、クラウドワークスの会員になって仕事を探してみましょう。

クラウドワークスなら個人でも仕事を、正当な金額で受注できる仕組みがある

また、個人対企業でプロジェクトを進める場合、どうしても力関係が企業優位になりがちです。
「仕事を回してあげている」と考えている企業もまだまだ多いでしょう。
そうなると、無理な納期を設定されたり、相場よりも低い報酬を提示されることもあるかもしれません。

その点も“クラウドワークス”を利用すれば心配はありません。
契約までのやり取りはすべてクラウドワークス上でやり取りができ、発注者と受注者の関係はフェアです。
お互いの条件提示に合意の上、作業に入るので、トラブルの起きにくい環境が整っています。

クラウドワークスなら月収50万円が可能

02_comp
pixabay
現在クラウドワークスで出ている求人の中で、SE向けの仕事を1か月続けた場合の見込み月収は30~50万円と言われています。
これはSEとしての専門スキルがあればこその報酬です。

単純なデータ入力業務では難しい数字です。
在宅での仕事の報酬は、常駐勤務よりも少ないと思われがちですが、そんなことはありません。
固定費がかからない分、企業にとっても外注することにメリットがあります。

全くの未経験の人がいきなりこの報酬を得ることは難しいですが、スキルがある人にとっては可能な金額です。
いかがでしょうか、月収50万円あれば、在宅だけで生計を立てることも可能ではないでしょうか。

在宅SEで理想のワークライフバランスを手に入れよう。

時間と場所にとらわれない次世代の働き方

在宅SEだから手に入れられるもの、それは自由な時間です。
SEといえば、残業は日常茶飯事。

万が一トラブルがあれば、朝夜関係なく行われる復旧作業。
仕事のやりがいとプライベートの充実を両立することは難しい職業とされています。

在宅でのSEの仕事も、クライアントあってのことですから、完全に自分次第というわけにはいきませんが、
少なくともある程度自分のペースで進めることが可能です。
「忙しい・夜が遅い」といったイメージがあるSE、特に育児をしながら、介護をしながらでは続けにくいと思っていませんか?

在宅SEならば、自分のキャリアを諦めなくてもいいかもしれません。
少なくともその可能性はあります。

また、IT系の仕事はどうしても都市部に集中しがちです。
そのため、仕事を基準に住む場所を選択しなければなりません。
何らかの事情により、地方に住まなければならない時、SEの仕事を続けたくても続けられないという状況もあるでしょう。

でも、在宅SEという選択肢は、インターネットさえつながれば働く場所を選びません。
インターネットの普及は今後衰退することはないでしょう。

今後ますます拡がりをみせるであろう在宅SE。
あなたも新しい働き方に挑戦してみませんか?

実際に在宅ワークで生計を立てる人も!

実際に、在宅ワークで生計を立てる人達やクラウドワーキングを実践している人たちの情報が知りたい方は、
クラウドワーキングマガジン」をご覧ください。
新しい働き方のヒントが隠されているかもしれません。

また、「エンジニアの求人」に関してもご興味がある方は、ご覧ください。

自宅で稼ぐ!
おすすめ在宅ワーク特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

在宅ワークのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る