日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 理系が生きる在宅ワーク!知識を活かせるのはこんな仕事!

クラウドソーシング

  1. 理系が生きる在宅ワーク!知識を活かせるのはこんな仕事!


理系が生きる在宅ワーク!知識を活かせるのはこんな仕事!


理系が生きる在宅ワーク

引用元:ぱくたそ

理系と文系って言葉、よく聞くと思います。
厳密な定義なんて難しいことはわからないけど、学生時代に数学や理科が得意だった方はどちらかというと理系と言えそうです。
今回は、そんな理系の人に適した在宅ワークについてお教えします!

■いわゆる理系の人って?

理系の人

引用元:ぱくたそ

さきほども少し書きましたが、厳密に文系・理系とハッキリ定義するのは少し難しいものがあります。たとえば、自分は文章を考えたり読解するのはあまり好きではないけど、数学的にモノを考えるのは好き、なんて方は理系寄りと言えますが、人によってはそう極端ではないのが難しいところ。男子は理系、女子は文系なんて言われれることもありますが、特にそう決まっているわけではありません。また、理系向きの仕事だからといって国語的な知識が一切必要ない、ということはなく、大なり小なりどちらかの系統の知識は必要になるのです。

■ライティング

ライティング

引用元:ぱくたそ

理系向けの仕事なのにライティングとはこれいかに?と思うかもしれませんが、これこそまさに文系的な能力も必要となる理系向けのお仕事です。ライティングの仕事には様々なテーマがありますが、中でも専門性の高い案件ではそれまでの人生で培ってきた知識、経験が存分に役立ちます。理系の人しか書けない案件もあり、そのように書き手が限定される記事は文字単価も高めの傾向なので、継続受注できれば安定した収入に繋がるのです。

■翻訳・校正

翻訳・校正

引用元:ぱくたそ

こちらもやや文系的な能力が必要となりますが、翻訳や校正では自分が文章そのものを書くわけではありません。この手の仕事で求められるのが、翻訳元となる言語に精通していることと、テーマごとの専門的な知識を持ち合わせていることです。いくら言語力に秀でていても、専門的な知識がないと理解しづらく、翻訳も曖昧になってしまうことがあります。そのため、理系テーマの文章ならば理系の人にしか訳しにくいこともあるのです。特に多い言語は英語ですが、理系でよくある英語の論文などを書き慣れていた人にとってはうってつけの案件と言えます。

■エンジニア

エンジニア

引用元:ぱくたそ

プログラムのソースコードなど、数式同様、答とロジックがはっきりした作業となっている仕事がエンジニアです。大学の研究等でプログラミングをしている人であれば割ととっかかりやすい仕事の1つと言えます。とは言え、全くの未経験からエンジニアとして活動するのはなかなかハードルが高いのもまた事実です。在宅ワークでエンジニアを仕事にする人は、一度会社に入って仕事を覚え、後から独立してフリーランスとして働く人が多いようです。

■まとめ

「理系」「文系」と一括りにしてしまうのはナンセンスですが、自分を定義する言葉としては便利な言葉です。今回あげた3つの仕事はおすすめの理由を挙げましたが、その理由に当てはまるのであれば、理系でなく文系でももちろん可能です。やる気と興味さえあればいくらでも知識や能力は吸収できるため、フリーランスとして稼ぐ間口を広げることができるのですね。

自宅で稼ぐ!
おすすめ在宅ワーク特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
在宅ワークのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る