一人で煮詰まる自分にサヨナラを告げる!在宅ワークを効率化する「ひとりSlack」が最強すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ひとりSlackのススメ

ひとりSlackのススメ

GoogleやIBMなど、世界中のIT企業を中心に「Slack」と呼ばれるチャットサービスの導入が進んでいます。2013年ローンチからユーザーを増やし続け、2016年10月には日間アクティブユーザー数400万人を突破しました。

チャットサービスといえばチャットワークやGoogle Hangoutなど、他のサービスも存在していますが、Slackには以下のような特長があります。

  • 基本無料で利用可能
  • PC/SD/ブラウザのマルチデバイス環境に対応
  • 操作しやすいUI
  • SNSのようなリアルタイム通知
  •     

  • 様々なサービスとの連携
  • bot機能が標準に組み込み

チャットサービスをコミュニケーションツールとして活用するためには、会社やコミュニケーション相手とサービスを揃える必要がありますが、Slackには様々なサービスとの連携機能や通知機能があるため、他者とのコミュニケーションを目的としない「ひとりSlack」による生産性の向上が見込めます。

そこで、今回は「ひとりSlack」のための環境を構築して、在宅ワークを効率化させる方法についてご紹介します。

Slackのセットアップ

Slackのセットアップ

まずはSlackをセットアップしましょう。Slackのサイトで自分用のチームを作成します。

https://slack.com/

赤枠に登録するメールアドレスを入力します。
アドレス登録

メールで送付された認証コードを入力します。
認証コード入力

ユーザー名やチームの用途などを入力します。
用途入力

ここで重要となるのがチーム名の設定です。Slackでは「チーム」と呼ばれる単位でチャットルームが作られ、「(チーム名).slack.com」というドメインが割り振られます。所属するドメインにログインすることで、そのチームでやりとりした内容を閲覧することができます。

同じチームに属するメンバー同士でしかコミュニケーションが行えないため、作成したチームにメンバーを招待しなければ、じぶんだけの「ひとりSlack」が作成できます。ドメインの異なる複数のチームに所属することもできるため、他者とのコミュニケーション用に別のチームを立ち上げることや、すでに存在しているチームに招待してもらうことも可能です。

Slackの利用方法

Slackの利用方法

Slackにログインすると上記のような画面が表示されます。突然Slackbotから話しかられて驚かれた方もいるのではないでしょうか。SlackbotはSlackに標準に組み込まれている自動返信プログラム。Slackbotの活用方法については後述いたします。

Slackでは「CHANNELS」という単位でメッセージをやりとりするグループを分割します。「ひとりSlack」を運用する場合には、連携ツールや用途に応じてチャンネルを切り分けるようにしましょう。

グループ分割

https://slack.com/downloads/

デスクトップアプリやスマートフォンアプリも利用できるため、必要に応じてインストールとログインを行います。

さぁ早速「ひとりSlack」を始めよう

以上まででSlackを活用する準備が整いました。メモ帳、ひとりブレスト、作業記録など、軽快に入力できるチャット環境に様々な使い道があります。それに加えてSlackには様々なサービスと連携できるという特長があります。まずはRSSを購読してみましょう。

RSS購読

RSS設定画面で購読するRSSと投稿されるチャンネルを設定できます。こちらの設定をしておくとSlackにRSSで出力された情報がサムネイル付きで自動投稿されるようになります。RSSを投稿したいチャンネルにて「/feed subscribe (RSSのURL)」というコマンドを実行することでも設定作業を行うことができます。

ニュース速報サイトや専門サイトのRSSを登録して情報収集に使うのはもちろん、クラウドワークスのRSSを設定しておくことで、クラウドワークスに登録された案件を即座に把握することが可能になります。

リマインド設定

Slackにされた投稿はピンを付けたり、3時間後にリマインド通知するといった操作が可能です。RSSから投稿された案件を記録しておいたり、TODOやメモを投稿してリマインド通知させたりすることが可能です

煮詰まるあなたに語りかける!SlackBotで解決の種をつかもう!

最初にログインすると話しかけてくるSlackbotですが、Slackbotカスタマイズ画面で簡単な会話を覚えさせれます。

Slackbot設定

「When someone says」のテキストボックスに反応する言葉を入れて、「Slackbot responds」にSlackbotが返答する言葉を入力します。自作自演の会話を登録しても寂しさが残りますが、「google」と入力したら「http://google.com」と返すなど、外部サイトへのリンクを返すことで様々な応用ができます。

様々な応用

「When someone says」には「,」区切りで複数の言葉を登録することができ、Slackbot responds」に複数行の登録をすると、登録された中でのランダム返答となります。Wikipediaやニコニコ大百科のランダム記事表示URLを登録しておけば、煮詰まったときの気分転換やネタ出しの補助をしてもらえれます。

Google派もIFTTT派もご安心あれ!Slackは約300種類以上のサービスと連携可能!

RSSに限らず、他の様々なサービスと連携可能です。

サービスの連携

連携設定を行うにはチーム名の隣にある「∨」をクリックして表示されるメニューから「Apps & integrations」をクリックして設定ページを表示させます。

サービスの一覧表示

連携できるサービスを検索することや、一覧表示することができます。例えばGoogleカレンダーと連携してみましょう。

「google」と入力して表示されたリストから「Google Calendar」を選択してGoogleカレンダーとの連携設定を行います。

連携設定を行うことで、本日の予定リストをSlackに表示したり、予定の10分前になったら通知したりするといったことが行えます。

連携設定

https://ifttt.com/slack

IFTTTというサービス連携ツールを用いることで、連携設定を自由に作成することができます。Slack連携用ページには様々なレシピが登録されていますし、これを元にして新たな連携設定を作ることが可能です。赤外線リモコンと連携したり、販売価格の変化に反応させたりと発想次第で、様々な応用が行われています。

まとめ

いかがでしたか、今回は在宅ワークを効率化する「ひとりSlack」についてご紹介しました。IT企業を中心に普及したこともあって、エンジニアのためのツールと敬遠されがちなSlackですが、非エンジニアの方でも簡単な設定と操作でさまざまなメリットを享受することができます。在宅ワーカーの方々に「ひとりSlack」をご検討いただければ幸いです。


執筆者:池田仮名

プロフ

ITエンジニア/ブロガー
個人ブログ「太陽がまぶしかったから」を運営。

Twitter:@bulldra
ブログ:「太陽がまぶしかったから」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る