開業直後に名刺管理アプリを導入するメリットとは?ビジネスカードで特典がつくアプリも紹介

ビジネスにおいて、名刺の取り扱いに不便を感じる場面は少なくありません。特に、開業して間もない企業などは新規顧客開拓にともなう名刺交換の機会も多いため、適切な名刺の管理方法を模索しているケースも多いのではないでしょうか。そのような際は、普段使用しているスマートフォンやPCなどの端末で使える「名刺管理アプリ」の活用が効果的です。

今回は、名刺管理アプリについて、概要や特徴、開業から日の浅い企業が導入するメリット、名刺管理アプリ関連の特典を受けられるビジネスカードなどの情報をご紹介します。

名刺管理アプリの概要

名刺管理アプリを使うと、どのようなことができるのでしょうか。ここでは、名刺管理アプリの概要・特徴・機能などをご紹介します。

活用できるビジネスシーン

ビジネス上で名刺交換を行った際、受け取った名刺は名刺ホルダーなどに入れて保管し、相手の名前・社名などのデータはエクセルなどに手入力して管理するケースがよく見られます。しかし、この作業には時間や手間がかかる上、すぐに確認したい名刺やデータを探してもなかなか見つからないことがあります。

名刺管理アプリは必要なデータのみを整理して保存できるため、名刺の保管やデータの保存・検索をしたい際に役立ちます。

アプリで実現できること

名刺管理アプリで実現できる内容として、名刺に書かれた情報を自動でテキストデータ化できること、名刺データの検索・閲覧をスマートフォンやPC、タブレットなどで容易に行えること、社員同士で人脈の情報共有ができることなどが挙げられます。

名刺管理アプリの活用によって業務効率が向上し、ビジネスチャンスの拡大も期待できます。

簡略化できる業務

名刺管理アプリを使って簡略化できる業務もあります。先ほども紹介したように、名刺の保管や管理、名刺データの入力や検索などといった業務は大幅な簡略化が可能です。従来は手動で行っていた作業を自動で行えるようになるため、手間の削減や工数の節約につながり、空いた時間を本業に充てることもできるようになります。

製品タイプ

名刺管理アプリには、さまざまなタイプの製品が存在します。

まず、無料・有料・一部機能のみ有料などの製品があり、サポート期間や範囲もそれぞれに異なります。読み取った名刺データの保存先は端末とクラウドの2通りがあるため、端末の容量や用途に応じて選びましょう。

撮影した名刺データをテキスト化する方法には「OCR機能による自動入力」や「外部オペレーターによる手動入力」などの形式があり、データをスマートフォンからパソコンへ移し替えて顧客リストやDM作成に利用できるマルチデバイスタイプの製品もあります。

また、他のアプリやサービスと連携している製品もあります。CRM(顧客管理情報)サービスと連携している名刺管理アプリは顧客管理に活用でき、SNSと連携している名刺管理アプリはSNS上での名刺交換が可能です。さらに、SNS機能を搭載した名刺管理アプリでは、近況報告やコミュニケーションを行うことができます。

このように、名刺管理アプリは製品ごとに異なる特徴を持っているため、予算や用途を考慮しつつ自社に合ったものを選ぶことが重要です。

開業直後に名刺管理アプリを利用するメリット

開業して間もない企業が名刺管理アプリを活用すると、以下のようなメリットを得ることができます。

情報管理がしやすくなる

開業から日が浅い企業は、社内における情報管理のノウハウが蓄積されていない場合があります。特に、名刺のように個人情報が記載されたものの管理については十分に注意を払う必要があります。

名刺管理アプリを活用すれば、名刺に記載されたデータの入力・整理などをアプリが行ってくれるため、情報管理がしやすくなります。

また、名刺管理アプリのIDを共用しない・パスワードの更新を定期的に行うなどといった運用によって、セキュリティ面を強化することも可能です。

人脈形成に役立つ

開業すぐの企業において、人脈の構築は重要な課題です。取引のキーマンとなる人物のスケジュールを名刺管理アプリで連携したり、アプリ上で一度に複数人と名刺交換を行ったりすることで人脈を増やし、ビジネスに役立てることができます。また、アプリを用いて適切な情報共有を行えば、人脈の属人化を防ぐ効果も期待できます。

名刺管理の時間を営業活動に充てられる

多くの場合、先方へ出向いて名刺交換をし、名刺の情報を手入力して管理し、別途名刺そのものを保管するというのが従来の方法といえます。

しかし、名刺管理アプリを導入すれば上記のような作業が簡略化できるため、その分の時間を別の営業活動に充てることが可能となります。少しでも多くの時間を生産的な営業活動に費やしたいと考える開業間もない企業にとっては大きなメリットです。

営業活動の効率化につながる

名刺管理の手間が削減されることによって営業活動の時間が増えることにくわえ、内容の効率化も期待できます。

たとえば、クラウドタイプの名刺管理アプリを導入すると、時間や場所を選ぶことなく登録済みの名刺データへアクセスできます。飲食をともなう場で行っていた顧客とのコミュニケーションは、SNS連携の名刺管理アプリ内で代替することも可能です。

開業したばかりの企業はできるだけ多くの相手へ効率良く営業活動を行う必要があるため、名刺管理アプリの活用は有意義であるといえるでしょう。

名刺管理アプリの特典があるビジネスカードとは?

ビジネスカードの種類は多数ありますが、名刺管理アプリのようなビジネスサポートツールの特典があるカードを選べば、業務の効率化・ビジネスチャンス拡大などに活用することができます。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カードには、名刺管理アプリ「Eight企業向けプレミアム」に関する会員向け特典があります。名刺管理アプリ「Eight」の有料版である「企業向けプレミアム」に新規申込を行ったカード会員を対象に、アカウント料(440円/月・人・税込)5名分が、初年度12か月間無料で使用できるという内容です。

名刺管理アプリ「Eight」は、スマートフォンで撮影するだけで名刺情報を取り込み、検索も容易に行うことができます。有料版の「Eight企業向けプレミアム」にはさらに充実した機能が用意されており、個人の「Eight」に保存された名刺情報を社内で共有することが可能です。複数社員の「Eight」から情報を集めて顧客データベースを作成したり、データベースの情報をダウンロードして営業活動に利用したり、多彩な使い道があります。

【名刺管理アプリの特典があるビジネスカードはこちら!】
https://crowdworks.jp/static/lp/amex/

ビジネスカードを選ぶ観点のうち、ビジネスツールに関する特典の有無はひとつのポイントといえます。なかでも、ビジネスに不可欠な名刺の交換・データ入力・管理などの手間やストレスを軽減できる名刺管理アプリ関連の特典がついたカードには多くのメリットがあります。開業したばかりの企業がビジネスを軌道に乗せる際にも役立つため、検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで、名刺管理アプリの概要や特徴、開業して間もない企業が導入するメリット、名刺管理アプリの特典があるビジネスカードなどを紹介いたしました。

名刺管理アプリには搭載機能や製品タイプ、価格などの面においてさまざまなものがあり、予算や用途に応じて選び分けることができます。名刺情報の入力や管理が簡略化できるだけでなく、データを整理してスマートフォンやクラウドに保存できるため、必要な情報の閲覧もスムーズに行うことができます。

また、アプリを用いた名刺データの共有、他サービスとの連携機能などを駆使して、より多角的にビジネスへ活用することも可能です。

普段から利用するビジネスカードに名刺管理アプリの特典がついていれば、さらにメリットを享受しやすくなります。特に、アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カードは名刺管理アプリ特典が受けられることにくわえ、社会的信用度の高さも特徴です。持っているとステータスアップにもつながるため、起業して間もない方にもおすすめです。

ただいまクラウドワークス経由でお申し込みいただくと以下の特典があるので、ぜひチェックしてみてください。

・初年度年会費無料*1
・ご入会後1年以内のカードご利用で30,000ポイント*2 獲得可能

クラウドワークス経由でのお得なビジネスカード発行はこちら>>

*1基本カード会員様のみ初年度年会費が無料になります。
*2メンバーシップ・リワード®のポイントです。

Pocket