未経験からクラウドワークスのデザインコンペで仕事を受注。今後は開発系の仕事も?!:川上剛さん

バッヂ取得者限定の「日本マイクロソフト品川オフィスツアー」に招待された川上剛さん。Windows Azure コラボキャンペーン担当の藤山裕子さんと。

MOSの資格習得をきっかけにクラウドワークスデビュー

フリーランスとして仕事するようになったのは約1年前ですが、それまでインターネット関連の仕事をしたことがなかったため、仕事につながる、何かとっかかりになるような資格を取得したいと考えていました。学生時代にはWindowsを使っていたため、まずはパソコン仕事の基本である「MOS (マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)」を取得しようと思い、勉強していました。勉強を続けるなかで、マイクロソフトさんから受け取ったメールマガジンでクラウドソーシングのクラウドワークスさんの存在を知って登録したことが利用のきっかけです。

まずは経験不問・スキル不要の仕事からクラウドワーキング

登録したての頃は実績がまったくない状態だったため、経験不問・スキル不要のカテゴリから仕事を探してみました。クラウドワークスでいちばん最初に受注した仕事は、簡単なメールの送信作業の仕事です。まだ資格も取得できていない頃だったため、スキル不要でもチャレンジできる仕事が見つかったことはすごく励みになりました。一度簡単なメール配信の仕事をさせてもらって、その後はロゴデザインのコンペにしぼって参加しています。案件を紹介できる「見てみて!」機能を使って、仕事を紹介してもらったこともありました。

ロゴデザインを自主的に磨く

デザインの勉強は、基本は専門書などを読んで独学で学んでいます。まだ2ヶ月間ほどですが、80件ほどのデザインコンペに作品を出してきました。デザインに関してはまだ駆け出しですが、クラウドワークスには案件も豊富にありますし、アマチュアの人でもコンペに参加できます。参加することで、それが自分の力を高めることにも役立っていると思います。実際に、自分のデザインをコンペで採用してくださったクライアントさんも出てきました。クライアントさんとマメにやり取りをして、自主的に動くことを心がけました。フィードバックをいただいては修正を反映することを繰り返して、完成版に近づけていきました。

コンペに出した作品が自分のポートフォリオに

クラウドワークス上のロゴコンペのひとつひとつが僕にとって課題です。それらに挑戦してみることで、デザインスキルの向上にもつながりますし、またコンペの出品作品が溜まることで自分のポートフォリオが出来上がっていきます。まだ個人のポートフォリオのサイトなどは用意していませんが、クラウドワークスのこのページがその役割を果たしてくれています。また、ロゴが正式に採用されなくても、クライアントさんが☆機能で作品を評価してくれることがあります。なかなか自分がつくったものを評価してもらう機会は少ないため、非常に嬉しいです。☆3つが最高評価ですが、☆2つをもらったロゴがいくつかあるため、さらにブラッシュアップしていきたいと思っています。

細かい事務作業を任せられる安心感

クラウドソーシングのクラウドワークスさんの一番の魅力は、案件が豊富にあることです。その人のスキルや経験に合った仕事が見つかります。デザイン案件に関してはコンペ形式も多く、アマチュアでも挑戦することができるため非常に魅力的です。また、クラウドワークスなら、クライアントとの直接取引にならないため、契約内容や金額面などの詳細もあらかじめわかります。本来発生する細かい事務作業などもクラウドワークス側がやってくれるため、初めてご一緒するクライアントさんでも不安に感じることがありません。支払いがちゃんとされることもわかるため、本業の仕事に集中することができています。

Windows Azureとのコラボキャンペーンで銅バッヂを取得

マイクロソフトさんのメールマガジンで、クラウドワークスとマイクロソフトのWindows Azureのコラボキャンペーンについて知りました。これから仕事を受注していくにあたって有利になるのかなと思ったため、まずは入門レベルの銅バッヂを取得しようと思い、Windows Azure1か月無償評価版に申し込みました。キャンペーンでの「銅バッヂ」の取得条件は、セミナーへの参加もしくはオンラインドキュメントの閲覧だったため、後者の方法を選択しました。Windows Azureを使って、WordPressのウェブサイトを立ち上げるためのドキュメントでした。資格保持者であることで、クライアントさんもより安心して仕事を頼めるのかなと思うので、次は銀バッヂに挑戦するなどしてステップアップしたいです。

資格やバッヂ取得のモチベーション

たとえば、Windows Azureの金銀銅のバッヂを取得していないと受注できない案件などがあると、直接仕事につながることが見えるためモチベーションになると感じました。クラウドワークス上に、仕事に関する相談所というコーナーがありますが、例えばWindows Azureの金バッヂを取得した先輩受注者に質問できたり、またコンペ案件の受注歴が多い方に意見などを聞けるような場があるとすごく助かります。僕の場合、パソコンの使い方から、Windowsの基本的なOffice系ソフトなどもすべて独学で学んでいますが、専門書のようなものを教材に勉強しています。具体的に小さな課題のようなものがあって、それをひとつひとつこなしていくことで、クラウドワーキングに必要なスキル習得につながるようなコンテンツがあると役立ちそうです。

初心者にこそ使えるクラウドワークス

MOSの資格を取得しようと決めたことで、マイクロソフトのメルマガを通じてクラウドワークスさんの存在を知ることができました。クラウドワークスさんを使ってみることで、クラウドワーキングに関してまだスキルや経験が豊富でない僕でも新しい仕事に挑戦することができています。なにか新しいことにチャレンジしようという人にとって、心強い場所だと思います。すでに取得済みのクラウドワークスで受けている仕事でも、MOSの資格があることが役立っているため、今後もステップアップしていきたいです。

Windows Azure 1か月無償評価版 (17,000円相当分)

初めての Windows Azure Web サイト (WordPress 編) 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト (MOS) とは?

Pocket