×

月島 秋桜

ライター

国内・海外旅行webメディアにて執筆

会社名 株式会社Candle
役職/役割 ライター
期間 2015年09月〜2016年06月
詳細 国内・海外旅行系ウェブメディアにて執筆作業を担当しております。
この執筆作業を通して、わたしは下記の力をつけました。

① "ライティング作業を楽しくする力"

 いくらわたしの関心事である旅行分野とはいえ、執筆するにあたりやはり書くのが苦痛になることがあります。それは、自分が与えられてるタイトルに関心を持っていないことに起因します。そのような時は、苦痛だと感じるのではなく、自らそのタイトルに対してツウになるつもりで調べ物をし、執筆します。当然自分の知識も積もっていくため、結果的に楽しく記事をかけるようになりました。

②"人のふりみて我がふりを直せる"

 わたしの担当したキュレーションサイトでは、他の方が書いた記事を見ると自分の記事の反省に繋がったり、逆に改善点を提示したく思うこともありました。まとめサイトなどですと他の方の執筆した記事を読むことができ、このような点に気づいて常に自分が成長できることが非常に良い点だと感じました。

③"求められたことに正確に応える力"

 ライティング作業が多くなると、数をこなすにつれてどうしても内容が雑になってしまいがちです。しかし、私の執筆した記事を初めて読む方は、その雑になった記事が最初かもしれません。つまり、いつ誰に読まれても良いようにライターは正確且つ最後まで読まれるような記事の作成を心がけなければならないということです。回数を重ねるにつれ、これらを自然に心がけるようになったことは大きな成長でした。

④"信頼されるようになる"

 クラウドソーシングサイトでは顔が見えない分、自分の行動で信頼を得なければなりません。私の担当していたキュレーションサイトでは、もちろん他のワーカー様もおられます。従って、どんなに寝る時間が短くなってしまっても、自分が確保したタイトルは限度である1週間後には必ず終わらせることを念頭に置いておりました。期限を守るのは社会人として当たり前のことですが、他のワーカー様が100人以上いらっしゃるのが目で確認できるため、自然と自分の責任感も強くなりました。その結果、担当しているキュレーションサイトから他のお仕事を紹介して頂くことができました。それは男性向けサイトの執筆作業でしたのでお断りしましたが、もし女性向けだったら喜んでやっていたと思います。
使用言語/ツール 日本語

月島 秋桜さんに
相談しよう!

一件でも仕事を依頼すると、
お仕事についてショートメッセージで
相談できるようになります
仕事を依頼する!(無料)

月島 秋桜 さんの
メンバー
(受注者)情報
クライアント
(発注者)情報
閲覧回数 : 1250 回
気になる!リスト : 31 人

【頼みたい仕事がある方へ】
ロゴマークのコンペ特集
アイコンデザインのコンペ特集
名刺デザインのコンペ特集
チラシデザインのコンペ特集
キャラクターデザインのコンペ特集

【お仕事をお探しの方へ】
在宅ワークの求人特集
SOHOの求人特集
副業の気になる情報まとめ

ご意見箱

× 今後表示しない