keynoteから書き出した.movデータを、iPadでも手動(タップ)で次に進む事ができる再生アプリ開発のお仕事 « エンジニア・デザイナーのクラウドソーシング

× このお仕事の募集は終了しています。

×

keynoteから書き出した.movデータを、iPadでも手動(タップ)で次に進む事ができる再生アプリ開発

iPhone・iPadアプリ開発の仕事の依頼

仕事の概要

掲載日 2012年08月02日
応募期限 2012年09月20日
仕事の種類 アプリ・スマートフォン開発 » iPhone・iPadアプリ開発
支払い方式 固定報酬制 予算 50,000円 〜 100,000円
納品希望日 2012年08月20日
求めるスキル
特記事項 オフィス訪問不要

仕事の詳細

只今、iPadでのプレゼンを考えております。
iPad版keynoteでは、使用できるフォントや動作が、PCとiPadの互換の問題で、iPadでは表現されないものもあります。
そこで、再生設定で「手動で次へ進む」の設定を行い、.movデータ(Quicktime)で書き出し、プレゼンに使用しようと試みました。
書き出した.movデータをPCで再生してみると、ちゃんと手動で次へ進みます。(クリックをすることで、keynoteで作成時に設定したタイミングで次の動作に入ったり、次のページに移行します)
しかし、その.movデータをiPadに移行しCloudReaders(.movを再生できるアプリ)で再生すると、自動再生になり自分のタイミングで次へ進めません。勝手にプレゼンがどんどん進みます。
そこで、.movデータを、iPadで再生してもPCのQuicktimeで再生した時と同様に、自分のタイミングで画面をタップすると、次の動作や次ページへ進むような再生アプリケーションを開発して欲しいと思っています。
宜しくお願い致します。

2012年09月14日 10:51追記

.mov データをiPadで設定通りに動かす為に .key データを一緒にiPadに取込まなければならないので、第三者に .key データを、再生・編集させないように .key データを暗号化するソフトも付属させる。

会員登録(無料)

他の仕事:アプリ・スマートフォン開発の仕事を探す

β版ご意見箱

× 今後表示しない