社内VANを構築する際のVANスイッチの設定についてのお仕事 « エンジニア・デザイナーのクラウドソーシング

× このお仕事の募集は終了しています。

×

社内VANを構築する際のVANスイッチの設定について

セキュリティ対策の仕事の依頼

仕事の概要

掲載日 2017年12月08日
応募期限 2017年12月15日
仕事の種類 システム開発 » 保守・運用・更新(プロ向け) » セキュリティ対策
支払い方式 固定報酬制 予算 メンバーと相談する
納品希望日 2017年12月22日
求めるスキル

仕事の詳細

法人のVANを構築することを検討しており、
その際のVANスイッチの設定についてアドバイスくださるエンジニアの方々を募集します。

お仕事の詳細:
▽依頼の目的・概要
Buffalo社製のスイッチ「BS-GS2016」2台を使用してVLANを構築します。
以下の設定をお願いしたいと考えています。
設定は実際に行ってもらうものではなく、指示書ベースで結構です。

1.VLANの設定
2.ACLの設定
3.DHCPの設定

▽接続構成
(1)1台目のVLANスイッチ1には、以下の機器が接続されます。
・ポート1:社内PC1
・ポート2:社内PC2
・ポート3:社内NAS
・ポート9:BBルータ
・ポート10:共有NAS
・ポート16:VLANスイッチ2

(2)2台目のVLANスイッチ2には、以下の機器が接続されます。
・ポート1:無線中継器
・ポート2:来訪者ノートPC
・ポート9:社内ノートPC
・ポート16:VLANスイッチ1

▽仕様
(1)VAN1には、次の機器が属します。
・社内PC1
・社内PC2
・社内ノートPC
・社内NAS

(2)VAN2には、次の機器が属します。
・無線中継器
・来訪者ノートPC

(3)無線中継器には、次の機器が接続します。
・展示用PC
・来訪者無線端末

(4)次の機器は、VAN1の機器とVAN2の機器で共通にアクセスできます。
・BBルータ
・共有NAS

(5)社内PC1は管理端末であり、VLANスイッチ1、VLANスイッチ2、BBルータ、社内NAS、共有NAS、無線中継器、展示用PCの管理画面にアクセスします。

(6)アクセス制限
・無線中継器に無線で接続される無線端末は、BBルータ、共有NAS以外にはアクセスできない。(ただし、社内PC1と展示用PCの通信は除く。)
・VLAN2の機器は、相互にアクセスできず、BBルータ、共有NASのみアクセス可能とする。
・VLANスイッチ1のポート9以外に接続されたDHCPサーバは無効となる。
・VLANスイッチ2のポート9には、社内ノートPC以外は接続しても通信できない。

▽セキュリティ対策に求められるスキル
・ネットワーク技術

▽重要視する点・経験
・ネットワークやセキュリティ対策に関する業務経験
・スケジュールを守れる方

▽注意点・禁止事項
※設定等に関する情報を第三者に漏洩すること

▽その他コメント
※詳細な資料は契約後にお送りいたします。
※実際の進め方・別途詳細は、クラウドワークスのメッセージでやりとりして決められればと思います。
※このお仕事以降も、継続的に追加で開発依頼をさせていただくことも可能です。

たくさんのエンジニアの方からのご連絡・ご応募お待ちしております。

会員登録(無料)

他の仕事:保守・運用・更新(プロ向け)の仕事を探す

β版ご意見箱

× 今後表示しない