× このお仕事の募集は終了しています。

×

1記事1000文字程度の記事リライト作業 原文を参考に自分なりの言葉に書き換えるお仕事です。  編集・校正・リライトの仕事の依頼

5.0 本人確認済み
タスク
216円 / 件
募集件数
209件
1人あたりの作業件数
制限なし
掲載日
2016年02月12日
応募期限
2016年02月18日

応募状況

完了件数
209 件 / 209 件 (作業中 0件)
気になる!リスト 93 人

仕事の詳細

作業内容の詳細(プレビュー)

この仕事では作業ごとに文章やキーワードが異なるため、サンプルを表示しています。
  • 1. キーワードにそった内容でリライトしてください。

    1項目あたり334文字以上でお願いいたします。

  • 2. 「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である。 いじめは「自分より弱い者に対して、一方的に身体的・心理的攻撃を継続的に加え、相手が深刻な苦痛を感じているもの」と定義される。日本では1980年代ごろから教育現場で顕著になっていたが、90年代になって深刻な社会問題としてとらえられるようになった。その象徴として社会に衝撃を与えたのが、94年(平成6)愛知県の中学2年生がいじめを苦に自殺したという事件である。相手をこうした状況に追い込む可能性のある、きわめて非行に近い行為に対しては「いじめ非行」という用語も使われるようになった。 必須 重複不可

    334文字以上 1000文字以下
  • 3. ■「ネットいじめ」とは?  「ネットいじめ」とは、携帯電話やパソコンを通じて、インターネット上のウェブサイトの掲示版などに、特定の子どもの悪口や誹謗・中傷を書き込んだり、メールを送ったりするなどの方法により、いじめを行うものです。 ■ネットいじめは、何故問題なのか!  掲示板などへの書込みによるいじめは、自分が知らないところで広まり、突然回りの人間関係がおかしくなってしまい、自分でわけがわからない状態になってしまいます。  一方、いじめ目的のメールは、相手がわからず、次々送られてくるメールに、翻弄されてしまいます。どちらにしても、本人がパニック状態になり、人間不信に陥り、不登校になるケースが非常に高いのです。 必須 重複不可

    334文字以上 1000文字以下
  • 4. (1)ケータイ・ネットに関する正しい知識をもち、利用の実態に目を向けよう! 保護者や教師自身が、携帯電話やインターネットが有しているメディアとしての特性や各端末の機能・性能に関する基本的な知識を習得し、理解を深めていくことが必要です。 また、保護者や学校は、子どもたちが携帯電話やインターネットをどのように利用しているのかといった、その利用実態について関心を持ち、日頃からその把握に努めることが重要です。 (2)「情報モラル」についてしっかりと教え、子どもたちにネットのリスク回避能力を身につけさせるとともに、ルールを確実に守らせよう! 家庭では、まず、携帯電話の必要性・危険性について子どもとしっかりと話し合い、必要がない限り持たせることがないようにすることが重要です。 学校では、小学校の低学年段階から、子どもの発達段階に応じた「情報モラル」に関する指導のより一層の充実を図ることが必要です。 必須 重複不可

    334文字以上 1000文字以下

クライアント情報

5.0 募集実績 59 件 本人確認済み ありがとう 1777 件

ご意見箱

× 今後表示しない