テレビCM放映中!

「【桐生祥秀】ブランディングプロジェクト ロゴ依頼」へのUPGRADEさんの提案一覧

UPGRADEさんの提案

  • 169
  • 168
  • 167
  • 166
  • クライアントのお気に入り 0
    提案日時 2020年05月30日 23:10

    メンバーからのコメント

    ご担当者様
    コンペに参加さえていただいております、UPGRADEです。
    B案の展開案です。
    提案資料 B案 2/2

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    お役に立つことができましたら光栄です。
    修正、ご要望などございましたらお気軽にお申し付けください。
    ご検討のほどよろしくお願いいたします。

  • クライアントのお気に入り 0
    提案日時 2020年05月30日 23:10

    メンバーからのコメント

    ご担当者様
    コンペに参加さえていただいております、UPGRADEです。
    別案のご提案です。
    提案資料 B案 1/2
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    <デザインコンセプト>
    「自分を追い上げ、世界を追い越す」


    <モチーフ>
    ●形状の違う2つの矢印
    頭文字「K」をデフォルメした2つの矢印は、それぞれ形状を変えました。
    桐生氏が常にひとつ前の自分を追い上げ、超えていく様子を表現しています。
    また、膝を曲げた足のようにも見せており、二本の足で世界に勝負していることも表現します。

    ●キレのある直線と鋭角
    空気を切り裂くような直線と鋭角の構成で、力強さとスピード感を同時に表現します。
    安定感のあるバランスは、アスリートに必要な芯の強さ、ブレない信念なども表現しています。

    ●桐生氏の頭文字「K」の記号化
    「K-PROJECT」の文字はあえてセットバックし、「K」をシンボリックなデザインの記号にします。将来的に、世界中の人がこのマークだけを見て桐生氏を想起するような可能性あるデザインを追求しました。

    言語に頼らない「K」の記号化は、国際的に使用されるピクトグラムのような視覚的印象度を高め、ワールドワイドな展開に備えます。

    また、「K」だけでグッズ展開ができるようなデザインは、他ブランドとのコラボ企画への対応が可能です。


    未知の記録更新の可能性を持つ桐生氏への期待感を込めたデザインです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    お役に立つことができましたら光栄です。
    修正、ご要望などございましたらお気軽にお申し付けください。
    ご検討のほどよろしくお願いいたします。

  • クライアントのお気に入り 0
    提案日時 2020年05月30日 23:08

    メンバーからのコメント

    ご担当者様
    コンペに参加さえていただいております、UPGRADEです。
    A案の展開案です。
    提案資料 A案 2/2
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    「K-PROJECT」の文字はあえてセットバックし、「K」をシンボリックなデザインの記号にします。将来的に、世界中の人がこのマークだけを見て桐生氏を想起するような可能性あるデザインを追求しました。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    お役に立つことができましたら光栄です。
    修正、ご要望などございましたらお気軽にお申し付けください。
    ご検討のほどよろしくお願いいたします。

  • クライアントのお気に入り 0
    提案日時 2020年05月30日 23:08

    メンバーからのコメント

    ご担当者様
    はじめまして。UPGRADEと申します。コンペに参加させて頂きます。

    提案資料 A案 1/2
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    <デザインコンセプト>
    「自分を、世界を、突破する」


    <モチーフ>
    ●マーク中央を走る白線
    頭文字「K」のマークを水平に走る白線は、桐生氏が自分の限界を超え、世界の壁を突破する様を表現しています。

    ●キレのある直線と鋭角
    空気を切り裂くような直線と鋭角の構成で、力強さとスピード感を同時に表現します。
    安定感のあるバランスは、アスリートに必要な芯の強さ、ブレない信念なども表現しています。

    ●桐生氏の頭文字「K」の記号化
    「K-PROJECT」の文字はあえてセットバックし、「K」をシンボリックなデザインの記号にします。将来的に、世界中の人がこのマークだけを見て桐生氏を想起するような可能性あるデザインを追求しました。

    言語に頼らない「K」の記号化は、国際的に使用されるピクトグラムのような視覚的印象度を高め、ワールドワイドな展開に備えます。

    また、「K」だけでグッズ展開ができるようなデザインは、他ブランドとのコラボ企画への対応が可能です。


    未知の記録更新の可能性を持つ桐生氏への期待感を込めたデザインです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    お役に立つことができましたら光栄です。
    修正、ご要望などございましたらお気軽にお申し付けください。
    ご検討のほどよろしくお願いいたします。

【桐生祥秀】ブランディングプロジェクト ロゴ依頼」への全ての提案

 
ご意見箱

× 今後表示しない