× このお仕事の募集は終了しています。

×

1記事1000文字程度の記事リライト作業 原文を参考に自分なりの言葉に書き換えるお仕事です。  編集・校正・リライトの仕事の依頼

5.0 本人確認済み
タスク
216円 / 件
募集件数
684件
1人あたりの作業件数
制限なし
掲載日
2016年05月10日
応募期限
2016年05月15日

応募状況

完了件数
680 件 / 684 件 (作業中 0件)
気になる!リスト 212 人

仕事の詳細

作業内容の詳細(プレビュー)

この仕事では作業ごとに文章やキーワードが異なるため、サンプルを表示しています。
  • 1. キーワードにそった内容でリライトしてください。

    1項目あたり334文字以上でお願いいたします。

  • 2. 裁判所(さいばんしょ、英:Law court)は、日本国憲法に特別の定のある場合を除いて一切の法律上の争訟を裁判し、その他法律において特に定める権限を有する国家機関である。 多義的に用いられるが、概ね、国法上の裁判所(官署としての裁判所)、裁判機関としての裁判所、庁舎としての裁判所に区別される。 国法上の「裁判所」・官署としての「裁判所」 裁判官その他の裁判所職員が配置された国家機関としての「裁判所」。最高裁判所、各高等裁判所、各地方裁判所または各簡易裁判所。いくつかの「民事○部」や「刑事○部」(○に数字が入る。最高裁判所の場合、「第一小法廷」から「第三小法廷」までの「小法廷」や「大法廷」)、総務課など司法行政の実務を担う(「最高裁判所事務総局」を始めとする)「裁判所事務局」、場合によって「本庁」や「支部」などから成る。 必須 重複不可

    334文字以上 1000文字以下
  • 3. 家庭裁判所(かていさいばんしょ、Family Court)は、家庭に関する事件の審判(家事審判)及び調停(家事調停)、少年の保護事件の審判(少年審判)などの権限を有する日本の裁判所。略称は家裁(かさい)。 ・概要 各家庭裁判所には、家庭裁判所調査官が置かれ(同法61条の2第1項)、人間科学に関する専門的知見を活用して、家事審判、家事調停及び少年審判に必要な調査や環境調整などの事務を行っている(同条2項)。 戸籍名(氏名)の変更、性別の変更、養子などの審判も取り扱う。 また、裁判は通常公正を期すために公開されるが、家庭裁判所は離婚などの人事訴訟事件を除き、当事者のプライバシーに配慮して原則非公開である。 必須 重複不可

    334文字以上 1000文字以下
  • 4. 裁判所事務官(さいばんしょじむかん)とは、日本の裁判所に置かれる裁判官以外の裁判所職員の一つ。最高裁判所、各高等、地方、家庭、簡易裁判所に置かれ、司法行政事務全般に従事する(裁判所法第58条)。 ・概要 裁判所事務官は、各裁判所の裁判部や事務局に配置されて、裁判部では裁判所書記官のもとで各種の裁判事務に従事し、事務局では総務課、人事課、会計課等において司法行政事務全般に従事する。裁判官以外の裁判所職員の毎年公開試験が行われている中で家庭裁判所調査官補とともに最初につく職種である。 必須 重複不可

    334文字以上 1000文字以下

クライアント情報

5.0 募集実績 59 件 本人確認済み ありがとう 1777 件

ご意見箱

× 今後表示しない