日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 知っていますか?色々なキャッチコピーの種類と活用術

クラウドソーシング

  1. 知っていますか?色々なキャッチコピーの種類と活用術


知っていますか?色々なキャッチコピーの種類と活用術


はじめに

5012-1

引用元:無料写真素材 写真AC

ある商品や、企業などを紹介する時に、キャッチコピー(告知文、宣伝文、あおり文句)を使います。効果的なキャッチコピーには、様々な種類があるのを、ご存知でしょうか。キャッチコピー(メインコピー)、サブコピー、リードコピー、ボディコピーなど、それぞれ特徴があります。その特徴を、いかに活用して、商品や企業を効果的に宣伝していくかを、ご紹介させていただきます。

キャッチコピー(メインコピー)の特徴

まず、キャッチコピー(メインコピー)ですが、読み手に対して「一言」で、「分かりやすく」かつ「魅力的」に伝えることが出来る、「1から3行程度のフレーズ」のことを、キャッチコピーまたはキャッチフレーズと呼びます。ぱっと目に入った瞬間に、「理解できる」ということが、特徴的です。大々的に、文字の大きさも一番大きく表現されます。

サブコピーの特徴

キャッチコピーで伝えきれなかった、「さらに伝えたいこと」「重ねて知らせたいこと」を、サブコピーと呼びます。この後に挙げます「ボディコピー」を、読む気にさせるための文章で、1から3行程度のフレーズです。文字の大きさは、キャッチコピーを目立たせるために、少し小さめのフォントを使います。

リードコピーの特徴

リードコピーの特徴を挙げますと、この後の「ボディコピー」に対する、「小見出し」のようなフレーズです。キャッチコピーほど大きなフォントではありませんが、商品や企業の「詳細」を、読みやすいように段落に分けることで、ボディコピーを読ませる作用があります。フォントは比較的小さく表現されますが、ボディコピーと比べると、大きめです。

ボディコピーの特徴

5012-2

引用元:無料写真素材 写真AC

最後に、ボディコピーの特徴ですが、キャッチコピーを受けて、より詳細に商品の魅力を紹介する、中から長文の文章のことで、100文字程度のものから、1000文字を超えるものまで、長さは様々です。この、ボディコピーを見やすくするために、小見出しとして付けられるのが「リードコピー」だと、一般的には言われております。フォントサイズは、普通から普通より少し小さめに表現されることが、多く見られます。

まとめ:それぞれのコピーの特徴を活かして、効果的に宣伝しましょう

キャッチコピーは、サブコピーを読ませるため、リードコピーは、ボディコピーへの興味を引き付けるための、導火線と言ってもいいのではないでしょうか。また、キャッチコピーとボディコピーは、二つで一つです。キャッチコピーで読み手の興味をかき立てて、ボディコピーで解説していくというパターンが、一般的です。それぞれのコピーの特徴を生かして、商品や企業を、効果的かつ印象的に宣伝しましょう。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
キャッチコピー・コピーライティングのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る