日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « HTML・CSSコーディング 発注のポイントと注意点

クラウドソーシング

  1. HTML・CSSコーディング 発注のポイントと注意点


HTML・CSSコーディング 発注のポイントと注意点


はじめに

WEBサイトが作りたいと思い、HTML・CSSのコーディングを発注する時に注意するべきこととはどんなことでしょうか。実はWEBサイト制作の技術や知識を持っている人は知っているちょっとしたポイントがあります。今回は初めてWEBサイトの発注を考えている人へ向けて、そのポイントをお知らせいたします。

コーディングの注意点:実はオーダーメイドの手作り品

216_logo_1

引用元:無料写真素材 写真AC

WEBサイト制作というと、HTMLやCSSといった言語を使って作っていくものであり、制作者は皆自分にはわからない技術を持ち、なんでもできるように思いがちです。もちろんプロのデザイナー、プログラマは制作に必要な技術と経験を持っています。ですが手芸などと同じく、HTML・CSSのコーディングはオーダーメイド品であることを忘れないようにしましょう。お店へ行って、生地を選び、寸法を測り、ボタンや首回りなどの好みを伝えて作るシャツと同じなのです。WEBサイトとコーディングが違うのは、作りたいものは発注者の頭の中にあるということです。ですから、制作に必要となる情報は、発注側がきちんと制作者に伝える必要があります。また、出来上がりが全く同じでも、記述されているコードはA社とB社では全然違ったものになります。技術者の好みや技術力に左右されるのです。そういった意味でも手芸などと同じであり、完全オーダーメイドだということが言えるでしょう。

コーディングの注意点:目的意識をしっかりと

216_logo_2

引用元:無料写真素材 写真AC

先に言ったことを踏まえつつ、具体的に発注側が気を付けるべきこととはなんでしょうか。それは「なにをしたいのか」を明確にすることです。WEBサイトを使って、集客をしたいのか、売り上げにつなげたいのか、目的をはっきりさせるということです。目を引く動画や、奇抜なデザインに気持ちが動きがちですが、見積もり時に目的をしっかり伝え、そのためにどのような施策を考えてくれるのか、提案内容に耳を傾けるようにしましょう。変わったことをすると見積もりは高くなっていきます。目的をしっかり持つことで、目先のことに飛びつくのではなく、しっかりとした方針に支えられて制作を進めていくことができます。

コーディングの注意点:スケジュール管理に注意

216_logo_3

引用元:無料写真素材 写真AC

WEBサイトはコンピュータで動いているものなので、なんでも予定通りに進みそうなイメージがあります。ですが、制作物である以上多少のスケジュールのずれは発生してしまうこともあります。できればスケジュールには余裕を持ちたいものです。実際に制作を進めていく時にはサイトに載せる原稿など、発注側の作業が発生します。スケジュールを確認し、遅れないように準備していきましょう。また、ドメイン取得作業などを自分達で行う場合、取得するドメインによっては取得申請をしてから一週間以上時間がかかることもあります。公開予定日が決まっているはっきりと決まっている場合には制作側にはっきりと伝えるのはもちろんのこと、必要な作業がその日までに全て終わるように、早め早めに動くことが必要です。

終わりに

以上、HTML・CSSのコーディングを発注する時に注意するべきことをお伝えしました。シャツのオーダーメイドと違い、WEBサイトの制作では設計図は発注側の頭の中にあります。満足いくWEBサイトを制作するためにも目的意識をはっきりさせ、制作側に伝わるようにコミュニケーションをとっていくことが大切です。HTML・CSSのコーディングを発注する時には、ぜひお伝えした注意点に気を付けてみてください。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

HTML・CSSコーディングのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る