日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « LPに欠かせない!思わずクリックしてみたくなるキャッチコピーとは

クラウドソーシング

  1. LPに欠かせない!思わずクリックしてみたくなるキャッチコピーとは


LPに欠かせない!思わずクリックしてみたくなるキャッチコピーとは


はじめに

9538-2引用元:Shutterstock

世の中には何千、何万を超える無数のサイトやECサイト(ネットショップ)が存在しますが、最近ではそのサイトの多くがLP(ランディングページ)を活用して収益を上げています。しかし同じLPでも、「クリックしたくなるLP」と「全然クリックしたくならないLP」に分かれます。これはなぜなのでしょうか?というわけで、今日は効果を上げるLPには欠かせない、思わずクリックしてみたくなるキャッチコピーについて紹介します。

より集客をあげるために効果的なキャッチコピーとは

より集客をあげるために効果的なキャッチコピーは、過去の例を見ても、あげればキリがないほど存在します。しかし、それらはある程度「マニュアル化」されており、今日はその代表的な3つの手法を紹介します。

疑問形でユーザーの関心をひく

まず1つ目の手法が「疑問形を使う」です。キャッチコピーで、問いかけから始まる文章を見ることは良くあると思います。例えば、「○○が好きですか?」「まだサラリーマンを続けますか?」「1日たった10分で月10万円稼げる●●の法則を知っていますか?」など。この疑問形で大事なことは、「ユーザーに考えさせること」です。クイズ番組が好きな人なら分かると思いますが、人間は「問いかけられると答えを考えてしまう生き物」なのです。もっと正確に言うと「人は分からないままでいると気持ちが悪い」のです。こうした疑問形を使うことで、「ん?どういう事だろう・・・」と、LPの続きを読んでもらいやすくなります。

インパクトで勝負する

2つ目の手法が「インパクトで勝負する」です。キャッチコピーにインパクトを与える言葉を使うことで、一瞬で人の心をつかめます。ユーザーは忙しいので、LPの続きを読んでもらえるかどうかは1秒から3秒で決まります。ありふれたフツウのことをいっても、他のたくさんの情報の中にまぎれ、記憶に残らず埋もれてしまいます。人の胸中に残ることができなくては認識させて行動してもらうためのキャッチコピーとして意味がありません。心を掴むためには、聞き慣れない表現や、思わず食いついてしまう言い回しをすることです。「ドカンと」「ズッシリ」といった擬音を使い、「今まで誰も公開しなかった●●が・・・」「全米ナンバーワン講師がついに日本上陸」など、ハリウッド映画の宣伝文句に近いくらいの言葉を使う事がユーザーの手を止め、アナタのLPを読んでしまうのです。

a1640_000097
引用元:写真素材 足成

必要性を与える

3つ目の手法が「必要性を与える(気づかせる)」です。キャッチコピーはユーザーに対して「知るきっかけ」を与える事ができます。存在を知ってもらうために必要なことは、まず目にしてもらい、気づいてもらうことです。価値がある、欲望を満たせる、不安を解決できるなど、LPで売りたい商品とユーザーを結び付ける気づきを生む情報を出すことで、必要性を感じてもらえるのです。

まとめ

以上、キャッチコピーでランディングページを魅力的にするためのポイントについてお話しましたが、LPで成約率を上げるため、集客するためにはキャッチコピーは必須です。注目を集めるキャッチコピーをしっかりと盛り込んで、ぜひ集客力をUPさせてください。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

ランディングページ(LP)制作のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る