日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 和を演出したい!和風デザインのランディングページ作成のポイント

クラウドソーシング

  1. 和を演出したい!和風デザインのランディングページ作成のポイント


和を演出したい!和風デザインのランディングページ作成のポイント


はじめに

9601-1引用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

ランディングページとは、インターネットで検索された個々のWEBサイトのリンク先となる広告ページのことですが、このランディングページの扱う商品によってデザイン変えることによって、成約率に大きく関係してくることがわかっています。
利益=集客×単価×成約率ですから、集客数が同じであれば、成約率が上がればそれに比例して、利益が上がるのはご理解いただけると思います。通常のWEBサイトは横書きですが、着物や扇子、下駄などの純和風の商品を扱う場合はどうでしょうか?
より和風をイメージさせる工夫の余地があると思いませんか。

和風の演出をするためには

和風の演出をするためには、一目で『これは和風のサイトだ』と思わせる必要があります。そのためには、トップページの画像に着物や帯の柄、暖簾などを使用する方法があります。
そのほかにも、水墨画や浮世絵、歌舞伎等の日本の伝統文化を表す絵や写真を背景に使うのもよい手法です。

横文字ではなく「縦」の文字等フォントに拘りを持つ

せっかくヘッダー画像が純和風になっていても、画像上の広告文が横書きではかなり違和感が出てきます。これは、和風サイトを探していただければわかると思うのですが、良質な和風のランディングページでは、ヘッダー画像上の広告文は縦書きになっています。
また、フォントも行書体や草書体などのこれも縦書きにマッチしたフォントを使用しています。

メイン画像だけではなく背景など細部までイメージに拘る

これまではメインとなる画像とフォントについてお話してきましたが、見ていて美しく、気品のあるランディングページというのは、実は背景などまでに拘りがあるのがわかります。画像や広告文の余白にさりげなく、和風の絵や模様が散りばめられています。ところどころに、その地場の素朴な風景を配置したりして、日本人の郷愁に訴えかけるようなデザインもよいものです。

ジャンプ率を下げて落ち着いたイメージで

せっかく落ち着いた和のイメージでデザインされたWEBサイトでも、ジャンプ率が高いとその落ち着いた雰囲気が台無しになってしまいます。
ジャンプ率について説明しますと『文字の大きさの差の大小』のことです。見出しが大きく、本文が小さいと、人は見出しだけを追いかけて本文を読み飛ばす傾向にあります。そうなると、画面をスクロールするスピードが速くなるため、落ち着いてじっくり見てもらうことができなくなります。
和風の落ち着いたイメージが無駄になってしまうのです。

まとめ:画像やキャッチコピーだけではなくフォントにも拘って

9601-2引用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

和のイメージを前面に押し出したランディングページの基本的なデザイン構成について述べてきましたが、画像やキャッチコピーも大切ですが、和としての統一性を持たせるためにはフォントにもこだわる必要があります。
これによってサイトの見栄えは成約率に直結しますので、時々フォントを変えてみたりして、どのフォントがマッチしているのか、いろいろ試してみてください。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

ランディングページ(LP)制作のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る