日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « スマホ用サイトのランディングページの上手な作り方

クラウドソーシング

  1. スマホ用サイトのランディングページの上手な作り方


スマホ用サイトのランディングページの上手な作り方


はじめに

スマートフォンの普及が進むにつれて、ウェブサイトの需要にも変化が現れてきています。今までのウェブサイトは、パソコンのみでの閲覧に対応したスタイルでしたが、スマートフォンユーザーの増加に伴い「スマホで見やすいウェブページ」への切り替えが急がれています。そこで、忘れてはいけないポイントが「ランディングページ」です。スマホ対応が急務となっているのはランディングページでも同様であり、売上や集客などに影響を及ぼすランディングページは、スマホ対応とすることで成果も大きく変わってきています。ここでは、スマホ用のランディングページの制作ポイントについてご紹介していきます。

スマホ用LPの上手な作成法:デザインや情報はコンパクトに

landingpage_4_1

引用元:無料写真素材 写真AC

スマホ用のランディングページに組み込む要素は、パソコン用と同じものになります。ただし、スマートフォンの小さい画面で閲覧しやすいように、デザインや情報をコンパクトにまとめる必要があります。目的を絞り込み、不要な入力フォームや無意味なリンクは削除しましょう。スマートフォンの画面は指でスクロールして閲覧しますので、画面途中のリンクや多すぎる入力項目は、ユーザーのストレスとなってしまいます。

スマホ用LPの上手な作成法:サイズとレイアウト

landingpage_4_2

引用元:無料写真素材 写真AC

画像や文字サイズ・アクションボタンはスマートフォンで見やすい大きさにしましょう。ターゲットとするユーザーの年齢によっても変わりますが、小さすぎる(大きすぎる)文字や画像はユーザーにストレスを与え、ランディングページからの離脱を招いてしまいます。画面の読み込みが遅くならないように画像サイズを最適化し、アクションボタンは反対色を使って目立たせることが大切です。

クラウドワークスで作られたLP制作事例

landingpage_4_3

引用元:クラウドワークス

ご紹介する事例は「スマホサイトのデザイン案」であり、パソコン用として運営している「ニュースサイト」から、スマホ用のデザインを構成するといったものです。採用となった作品は、必要な情報を絞り込むことでスッキリとまとめられており、スマートフォンの小さい画面でもストレスなく閲覧できる点が特徴です。短く整えられたサイトトップには、「最新ニュース」「ランキング上位3位までの紹介」「他の情報へのアクションボタン」などが表示され、ターゲットとする20~50代男性がタップしやすいサイズで構成されています。

終わりに

スマホ用のランディングページはパソコン用と同じ情報を使用しますが、「スマートフォンでの見やすさ」「ユーザーにストレスを与えない構成」が制作のポイントとなります。完成後には、第三者に使いやすさをチェックしてもらうこともオススメです。ページが長くなりすぎないように注意しながら、目的や情報を絞り込んでスッキリとまとまったランディングページを制作していきましょう。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
ランディングページ(LP)制作のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る