日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « Photoshop Elementsを使用した簡単なロゴ加工方法

クラウドソーシング

  1. Photoshop Elementsを使用した簡単なロゴ加工方法


Photoshop Elementsを使用した簡単なロゴ加工方法


皆さんこんにちは。旬な業界情報をお届けするクラウドワークスブログです。
本日のテーマは「Photoshop Elementsを使用した簡単なロゴ加工方法」です。
皆さんのロゴ作成の参考になれば幸いです。


ホームページや印刷物などで見かける企業名や商品名のロゴには色もデザインも様々なものがあり、目を楽しませてくれますね。

そういったロゴの製作や加工には、Photoshop、Illustratorなどのアプリケーションソフトを使用するのが一般的です。

ただ、それらのソフトはとても高価なものですので、業務内容からは全く必要の無い企業はもちろんのことですが、個人ではなかなか購入できるものではありません。

その点、Photoshopの廉価版にあたるPhotoshop Elementsでしたら、約1万円という安価な価格でも必要十分な機能を備えていますし、パソコンやカメラ、そしてスキャナなどにバンドルされている場合もありますので、すでに入手されているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

せっかくの高機能なソフトがあるのですから、Photoshop Elementsを使用して簡単にテキストをロゴにする作り方をご覧にいれます。

Photoshop Elementsを起動し、『ファイル→新規→白紙ファイル』で新規ファイルを作ります。

ホームページに載せることが目的の場合でしたら単位はPixelで設定してもいいですが、ここでは印刷することを想定してサイズの単位はcmで作ってみましょう。
ポストカード大のサイズ、幅15cm×縦10cm、解像度は300にします。

『レイヤー→テキスト→横書き』で文字ツールのカーソルをキャンパスに置き、ロゴにしたい文字を打ってフォントとフォントサイズを変更、見やすい位置に配置します。

『レイヤー→テキスト→ワープテキスト』でロゴに少しアレンジを加えてみましょう。

いくつかの種類がありますが、ここでは円弧を選んでみました。

『ウィンドウ→効果』またはパネルエリアの中から効果タブをクリックして、ロゴにレイヤースタイルを加えます。

『紫の雲』を選んでみました。
数々の効果がすでにご用意されていますので、その中からお好きな効果をダブルクリックしてテキストに適用してみましょう。

『乾いた泥』を選んだ場合です。

『クロム(反射)』を選んでみました。

効果の中には重複して適用できるものもありますので、自分なりの効果の組み合わせを模索してみるのもいいのではないでしょうか?
最後に『ファイル→保存』をしてPSDでファイルを保存しましょう。

ホームページに載せる場合には、『ファイル→web用に保存』を選べば、プリセットでGIFやJPEG、PNGなどのホームページ用の画像ファイルにすることができます。
その場合には、画像サイズの変更後のファイルサイズでPixel数をweb用に小さく設定してくださいね。

以上、『Photoshop Elementsを使用した簡単なロゴ加工方法』でした!

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

ロゴ作成詳細をみる

スポンサーリンク

ロゴ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る