日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 熱い気持ちが伝わりやすい?赤を使ったロゴデザイン集

クラウドソーシング

  1. 熱い気持ちが伝わりやすい?赤を使ったロゴデザイン集


熱い気持ちが伝わりやすい?赤を使ったロゴデザイン集


はじめに

26_01_01

引用元:足成

みなさんは赤という色にはどのようなイメージがありますか?赤は情熱的で、エネルギッシュなイメージという人が多いのではないでしょうか。赤は気持ちを前向きにさせ、アドレナリンの分泌を盛んにさせる色です。また、バーゲンセールの会場などでは、赤の看板が目立つように、赤は目をひく色です。強い思いや熱い気持ちを伝えたいのであれば、ロゴ作成に赤を使ってみましょう。目立つロゴを作りたい、そんな方にも赤がおすすめです。ここでは赤を使ったロゴデザインについて見ていきます。

スタートアップを支援する新規企業のロゴ作成案

26_01_02

引用元:クラウドワークス

こちらは海外展開のスタートアップを支援する企業のロゴデザインです。赤で日の丸と燃える炎を表すことで、情熱的な雰囲気を醸し出しています。「この企業になら、熱心に支援してもらえそうだ!」と思えるロゴデザインです。情熱的な赤と、やわらかい雰囲気のピンク、あわいオレンジ等、同系色を使うことで、きれいにまとまっています。このように赤をアクセントとし、同系色も使うことで、見る人により印象的に映ります。色々な色を使うのも良いですが、同系色を使うことで、目に優しい誰にでも好まれるロゴに仕上げることができるのです。

人材紹介会社のロゴ作成案

26_01_03

引用元:クラウドワークス

こちらは人材紹介会社のロゴ作成例です。代表者が女性であることから、強さとしなやかさをイメージさせる赤がロゴに使われました。深みのある赤を使うことで、女性らしさや落ち着いた雰囲気、気品を感じさせるロゴデザインに仕上がっています。同じ赤でも明るい赤や深い赤があります。色調を変えながら、どれが一番イメージに合ったロゴに仕上がるか検討してみましょう。いくつかロゴ作成案を作ってみて、依頼主に「どれがいいですか?」と聞いてみるのも良いでしょう。色のトーンで印象がずいぶん変わります。ワントーン下げるだけでぐっと印象が変わりますので、色々なトーンを試してみましょう。

ローストビーフ専門店のロゴ作成案

26_01_04

引用元:クラウドワークス

こちらはローストビーフ専門店のロゴ作成案です。和牛をメインに扱うローストビーフ店らしく、深紅の下地と白文字から、和のイメージが伝わってきます。深い赤を背景に据えることで、目立つロゴに仕上がっています。このように背景に赤を据えることで、ぱっと目を惹くロゴが出来上がります。目立ちたい、でも派手な印象は与えたくないというときは、深みのある赤を使うと良いでしょう。

終わりに

町を歩いていると、飲食店のロゴに赤が使われていることが多いのに気付くでしょう。赤は食欲をそそる色でもあります。逆に青は食欲を減退させてしまいますので、食が絡むロゴに青をはじめとする寒色系は使わないようにしましょう。ロゴ作成をするときは、デザインだけではなく色の要素も重要です。ここで紹介した赤を使ったロゴデザインを参考にして、ロゴ作成してみましょう。

ロゴ作成を依頼
フリーデザイナーに依頼!ロゴマークデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

ロゴ作成詳細をみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
ロゴ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る