日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « ポップなイメージが楽しさを表現するロゴ作成事例

クラウドソーシング

  1. ポップなイメージが楽しさを表現するロゴ作成事例


ポップなイメージが楽しさを表現するロゴ作成事例


はじめに

ロゴを作成する際、クリエイターはロゴにどのデザイン手法を用いるのがふさわしいか考えます。一昔前は洗練されたスタイリッシュなデザインが流行していましたが、フラットデザインがトレンドとなって以降、デザイン性がさらに重視されるポップ調デザインも注目されるようになりました。では、一歩先を行くポップなデザインとはどんなもので何に使われているのでしょうか。クラウドワークスのコンペで生まれたポップなロゴ作品を事例にご説明します。

ポップなイメージがたのしいロゴ作成事例:その1

ロゴ作成_4_1
引用元:クラウドワークス

フラットデザインはその名のとおり平面的な表現法であり、明確な陰影や質感といった装飾を極力省いた形式です。また、単色や少ない色数で構成されるのが特徴で、ロゴやアイコンを印象づけるためには、モチーフや文字を視覚的に意味付けするデザイン力が必要となります。さて、上の画像は、事象を計量化・視覚化するサービス企業のロゴ作品です。この企業のサービスを象徴する「Dashboard(ダッシュボード)」が会社名となっており、本案件でもモチーフに指定されていました。採用作品は、シンプルにデフォルメした計器と企業名を巧みに組み合わせたデザイン性の高さがポイントです。また、メインカラーにインパクトのある色を使用しながらも右側に色を足すことで全体を調和させ、ポップで楽しいイメージを与えています。

ポップなイメージがたのしいロゴ作成事例:その2

ロゴ作成_4_2
引用元:クラウドワークス

2例目は新規開店するカフェバー用のロゴ作品で、明るい雰囲気の店舗にしたいのでポップではじけたイメージのロゴがよいと要望が提示されていた案件です。店名の「COLOR」の文字にダーツを組み込んだデザインで、弾けた雰囲気は文字の後ろ側で表現しています。また、店名の意味合いどおりポップでカラフルな色使いですが、彩度を調整するなど配色に工夫が施されているので、必要以上の奇抜さを感じさせない親しみやすいロゴとなっています。

ポップなイメージがたのしいロゴ作成事例:その3

ロゴ作成_4_3
引用元:クラウドワークス

3例目としてご紹介するのは、各地の美味しいものを紹介する新規ウェブサービスのロゴデザインです。単色の図形と白い文字で構成されるシンプルなデザインでありながら、様々な意匠が施されていることがお分かりいただけるでしょう。タブ型の図形、地図の特定の場所を示すマップピン、美味しい食べ物を連想させる舌を出した表情など、ロゴの中に流行のウェブサービスで用いられるアイテムが見つかります。ただ図形の中に文字を並べるだけでなくサービスの特徴を示すこれらの要素を組み込むことで、遊び心だけでなく、時代を先取りしたサービスであることを表現しています。フラットデザインの中でもその特性を活用したデザインと言えます。

終わりに

ロゴデザインにはサービスや企業の特徴にマッチしたイラストや色を用います。そして、新しいサービスを展開する企業の場合は、デザインの手法においても流行を取り入れると、ユーザーに対しより訴求力の高いロゴとなります。

ロゴ作成を依頼
フリーデザイナーに依頼!ロゴマークデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

ロゴ作成詳細をみる

スポンサーリンク

ロゴ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る