日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « CG制作に求められるスキルとは!?

クラウドソーシング

  1. CG制作に求められるスキルとは!?


CG制作に求められるスキルとは!?


はじめに

CG(コンピュータグラフィックス)というのは、近年すさまじいスピードで技術が発達してきました。CGを作成するソフトやコンピューターのレベルが上がったというのもありますが、何よりもCGを使いこなすクリエイターのレベルが格段に上がっているというのが一番にあるでしょう。自分が想像した物を実際の映像として作成できるCGは、ある意味で夢のいっぱい詰まった技術と言えます。そんな急成長してきたCG技術は、どういった場面で使用されているのでしょうか。

CG制作に向いている人(アニメや映画、ゲームが好きな人)

cgs_3_1

引用元:Photo AC

CGが使われる現場と言って最初に思い浮かべられるのは、アニメや映画という映像の世界と言えます。一つのCG映像作成には膨大な技術と時間を要するため、根気のある人・情熱のある人であることが欠かせません。CGと言っても根本にあるのは模型や映画作成のように、コツコツと一つ一つの積み重ねが重要となるため、そのような地道なことが好きな人が向いていると言えるでしょう。もちろんアニメや映画に関して興味を持っている人でなければ、長くは続かない仕事でもあります。

CG制作にはどのようなスキルが必要なのか

cgs_3_2

引用元:Photo AC

CGに関する資格として、CGクリエイター検定やCGエンジニア検定というものがあります。CGクリエイター検定やCGエンジニア検定というスキルを身につけることにより、主体となるCG作成がより鮮明になると言えるでしょう。こういった資格・技術というのは専門学校などで学べるものになりますが、実際に資格・技術を生かすためにはマニュアルだけではなく、自分のイメージを映像にする想像力・オリジナリティが必要となります。

CG制作には、どのようなソフト、機器が必要なのか?

cgs_3_3

引用元:Photo AC

最後にCG制作に使うソフトや機材についてです。日々新たなCG作品が制作されている分野において、自分が最も使いやすいと言えるソフト選びが非常に大切だと言えるでしょう。一番重要なのはPC選びです。スペックの部分においてもそうですが、自分に合ったPC選びをすることが大切です。どんな素晴らしいPCであっても使いこなせなくては意味がありません。また、映像を素材として取り込めるスキャナーやデジタルカメラといったものに関しても、自分が日常的に使用しているものをベースに考えて使うのがベターと言えます。主なCG制作ソフトの代表としてはShade、Maya、Poserなどがあります。それぞれ分野や特色の違う制作ソフトとなっていますので、まずどういった目的があるかを考えて選ぶ必要があります。

まとめ

CG製作というと少し難しいような分野にも思えますが、基礎をしっかり身につけておけばそれほど難しいものでありません。実際に必要な機材の準備や、自分が身に付けるべきと思うスキルを学び、新たなCG製作に取り組んでみてはいかがでしょうか。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

3D-CAD制作・モデリングのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る