日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 建物設計に使われている2次元CADの特徴

クラウドソーシング

  1. 建物設計に使われている2次元CADの特徴


建物設計に使われている2次元CADの特徴


はじめに

設計の分野において、とくに建築関連の場合はまだまだ手書きのCADが使用されている場所もそれなりに多い現状ですが、最近では建築以外にもさまざまな商品のプロダクトデザインなどで2次元CADが注目を集めているのをご存じでしょうか。今後設計という仕事に携わる方も、手書きのCADから切り替えを考えている方も、2次元CADの特徴を改めて確認してみてはいかがでしょうか?

 

2次元CADの特徴:熟練が必要だった手書き製図じゃなくてもできる?!

cadsekkei_11_1

引用元:Photo AC

まず最初に確認しておきたいのが、そもそも2次元CADとはどういったものか? ということです。2次元CADソフトの特徴は、手書きでの製図が苦手な方でもスムーズに製図作業が行えるという点に尽きるといえます。こういったソフトウェアを使えば何度もやり直しをしたり、規定の何度も行うような作業をツールの機能に任せてしまうことも可能ですので、これは学生といった製図について一から学ぶ人からしても、非常に導入においてメリットといえるでしょう。

 

2次元CADの特徴:コンピューターならではな機能の数々

cadsekkei_11_2

引用元:Photo AC

コンピューター製図ならではの様々な機能について、より詳しく見ていきましょう。例えば鉛筆などの製図とは異なり、マウスの細かな動きを用いて、垂直や水平といった美麗な補助線を手がけることができます。これにより、手書きではどうしても線がぶれてしまう、という初心者の方でも、製図作業が行えるソフトが販売されています。中には無料で使用ができる2次元CADソフトもありますので、興味のある方は次でご紹介するソフトをぜひ試してみてください。

 

2次元CADの特徴:無料で高機能なソフトがたくさん!

cadsekkei_11_3

引用元:feeimages

最後にご紹介するのが2次元CADに関するフリーソフトです。2次元CADの分野においては、フリーソフトでも非常に高性能な物が多く、技術があまりない人でも力強くサポートしてくれるソフトがたくさんあります。例えばDraftSightというソフトであれば、AutoCADと互換性があるDWG形式のファイルにおいて編集や閲覧が行えるといった機能や、操作性が非常に簡略化されており感覚的に製図が引けるいった特徴があります。またSolid Edge 2D Draftingというソフトであれば、日本だけではなくインドやアジアといった世界各国のユーザーが使用しているという点から、日本だけでは得られないアイディアの製図などが作成できるといったメリットがあります。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?2次元CADには様々な特徴を持ったソフトがたくさんあります。これまで手書きでの製図を行っていた方や、業務スピードアップを狙ったCAD導入を考えている方などは、まずは高額なCADソフトからではなく、フリーのソフトウェアでどういったことが行えるのか、さまざまな機能や手書きから2DCADへ移行することのメリットなどを吟味してみてはいかがでしょうか?

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

3D-CAD制作・モデリングのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る