日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « イラストに躍動感を!動きのあるポーズの描き方

クラウドソーシング

  1. イラストに躍動感を!動きのあるポーズの描き方


イラストに躍動感を!動きのあるポーズの描き方


はじめに

商業イラストは単なる「絵」やデザインではありません。

メッセージのひとつなのです。

ですから躍動感のあるイラストによって、見る人の心を動かす必要があります。

躍動感のあるイラストとは何か?

それは、動きがあることです。では、どうすれば動きを表現できるのでしょうか。

動きのあるポーズを描くのは難しい

イラストのように、1枚の絵で、動きを表現するのは高度な技法が必要です。

古来、動きを感じさせる絵画や写真は、人々に感動を与え、称賛されてきました。

では、イラストにもこのような芸術的センスが必要なのでしょうか?

いいえ、必ずしも必要ではありません。

古来の芸術的な手法をはじめとした、テクニックを活用することで、
動きのあるポーズを表現することが出来るのです。

動きが出るポーズを一部紹介

まず、動きが出るポーズを表現する方法として、
足を浮かせる「不安定さ」を表現してみる、という手法お紹介しましょう。

これは古典的な「コンポラポスト」の技法の一種です。

例えば次の例のように、片足を浮かせると、動きを表現出来ます。

手足を大きく広げると、さらに躍動感を表現することができます。
イラスト_1275_イラストに躍動感を!動きのあるポーズの描き方1
引用元 : iPentec

さらに両足を浮かせてみましょう。

よりダイナミックな動きを表現出来ます。
イラスト_1275_イラストに躍動感を!動きのあるポーズの描き方2
引用元 : iPentec

次に、アップにしてパースをきつくする方法です。

遠近感が出て、動きも表現出来ます。写真撮影で広角でアップにする方法と似ていますね。

これは手指を前に突き出す動きを表現できています。
イラスト_1275_イラストに躍動感を!動きのあるポーズの描き方3
引用元 : iPentec

この場合は、上半身を大きく、下半身を小さくしたことで、
向かってくる動きを表現しています。
イラスト_1275_イラストに躍動感を!動きのあるポーズの描き方4
引用元 : iPentec

また、このように顔のアップに遠近感を付ければ、覗きこむ動きが出ます。
イラスト_1275_イラストに躍動感を!動きのあるポーズの描き方5
引用元 : iPentec

別の手法として、コミックや劇画のように効果線を入れるというのもあります。

商業イラストの場合は、できるだけ控えめにしたほうが上品に仕上がるでしょう。

例えば腕の動きの表現例です。
イラスト_1275_イラストに躍動感を!動きのあるポーズの描き方6
引用元 : iPentec

走っている動きも効果線で表現出来ます。
イラスト_1275_イラストに躍動感を!動きのあるポーズの描き方7
引用元 : iPentec

この時、表情を工夫すればさらに躍動感が出ます。

しかし、あまりやり過ぎると劇画調になるので好ましくありません。

イラストの場合は、さりげなく、控えめに効果を使うことが大切です。
イラスト_1275_イラストに躍動感を!動きのあるポーズの描き方8
引用元 : iPentec

“まとめ 色んな人の絵を参考にしましょう”

以上のように、様々な手法で、動きのあるポーズを描くことができます。

様々な事例を参考にしましょう。

参考にできるのは、他の人が書いたイラストばかりではありません。

古典的な絵画作品や、テレビのCM、ドラマや映画なども、
何かのきっかけを掴むことができるかもしれません。

参考にしたり真似したり(盗作はダメですが)、いろんなテクニックを身につけましょう。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

イラスト作成詳細をみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
イラスト作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る