日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 組み込みソフトウェア開発に必用なスキルC言語とは

クラウドソーシング

  1. 組み込みソフトウェア開発に必用なスキルC言語とは


組み込みソフトウェア開発に必用なスキルC言語とは


はじめに

組込みソフトウェア開発だけでなく、エンジニア全般を目指す方は、「C言語」という言葉を一度ならずとも聞いたことがあるのではないでしょうか。なんとなくプログラミングに関する言葉だとはわかっていても、いまいちC言語についてつかみきれていない方もいらっしゃるのでは。そこで今回は、組込みソフトウェア開発のスキルとして必要な「C言語」を理解する上でのポイントを3つご紹介します。

組み込みソフト開発のC言語とは?ポイントその1

cad_4_1

引 用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

まずはC言語がどういったものなのかを押さえておきましょう。C言語はプログラミング用語の一つで、1972年に開発されたものです。1972年といえば、コンピュータの黎明期。AT&Tベル研究所のカーニハンとリッチーという方々の手によって開発され、その後パソコンだけでなく、さまざまなコンピュータ開発の発展に大きく貢献してきました。つまりC言語は今日のコンピュータ社会を支えるプログラミング用語の一つであり、プログラミングの基礎を知ることが、今後さらに優れたプログラムを開発するために必要不可欠なものだと言えます。他にもさまざまなプログラミング用語がありますが、世界で最も利用するプログラマーが多い言語だとも言えます。プログラマ、エンジニアに憧れを持っている方は、ぜひ勉強しておきましょう。

組み込みソフト開発のC言語とは?ポイントその2

cad_4_2

引 用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

C言語の特徴はさまざまですが、OSやデバイスなどの開発に適していること、コンパクトなプログラミングができることなどが、特に大きな特徴だと言えます。C言語に慣れるためには、なにより自分でプログラミングを書けるようになるよう、実際に書いて練習することが大切です。さまざまなプログラムを書いていくことに、C言語習得のコツがあります。C言語を書くためには、プログラムを動かすためのコンパイラと呼ばれるソフトと、プログラムを書くためのソフトが必要です。コンパイラとは、C言語を動かすためのソフトで、いわば機械にプログラムの内容を理解させるための翻訳機のような役割を果たします。コンパイラによって機械語に翻訳する作業をコンパイル、またはビルドと呼びます。C言語を作るためのソフトにはさまざまなものがありますが、代表的なものにテキストエディタがあります。ただ、テキストエディタで書くのはなかなか面倒ですので、CotEditor(コットエディター)やSublime Text(サブライムテキスト)など、プログラミングに適したエディタを使うのがオススメです。

組み込みソフト開発のC言語とは?ポイントその3

cad_4_3

引 用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

さまざまなプログラムを支えているC言語ですが、その正体は関数の集まりです。この関数の組み合わせによって、さまざまなプログラムが登場するというわけです。関数の集まりには規則性があり、「型名 関数名(引数){処理}」という構造を持っています。とりわけ「main」という関数は重要で、いわばC言語のスタート地点を決める役割を持っています。C言語を初めて作成する際は、「main」言語を忘れずに入れておくようにしましょう。また、C言語の最小単位は「トークン」と言い、トークンが違うと、うまくプログラムが作動しません。もしプログラムがうまく作動しない場合は、トークンが分かれていないか、間違っていないかを確認してみましょう。

終わりに

今回はC言語の基本的なポイントについてご紹介しました。とはいえ、C言語は奥が深い言語ですので、なかなか独学でマスターするのは大変です。クラウドワークスには、C言語を得意とするプログラマが多数集まっています。「作りたいプログラムがあるけれども、自分では書けない…」そう思ったら、ぜひクラウドワークスで仕事を発注してみてはいかがでしょうか。すてきなクリエイターに出会えるかもしれませんよ。もちろん、他のプログラミング用語を使えるクリエイターもいますので、困ったときは一度クラウドワークスを利用してみてください。

フリーエンジニアのお仕事特集
フリーエンジニアの求人・お仕事特集!

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

回路設計・組み込みソフト開発のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る