日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « ターゲットが明確なチラシを作成するときのデザインヒント

クラウドソーシング

  1. ターゲットが明確なチラシを作成するときのデザインヒント


ターゲットが明確なチラシを作成するときのデザインヒント


はじめに

chirashi_4_1
引用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

チラシはとにかく作ればいい!かっこ良ければいい!というものではありません。ターゲットとしている層や売り出したい商品の属性などによって、そのデザインやレイアウト、掲載すべき内容などが大きく異なります。中でも大切なのはターゲット層です。ある程度ターゲット層が決まっている場合は、ターゲット層が魅力的だと感じるデザインに仕上げなければなりません。では具体的にどんなデザインを目指すべきなのでしょうか?今回は、クラウドワークスに寄せられたチラシを例にしてご紹介します。

固定ターゲット向けのチラシ作成術:その1

chirashi_4_2
引用元:クラウドワークス

はじめにご紹介するのはIT関連のチラシ事例についてご紹介します。今回のチラシは、自動車販売・整備事業者に向けて、Windows XPのサポート終了に伴う早期入れ替えを促すキャンペーンチラシです。あまりパソコンに詳しくないと思われる50代をターゲットにしているため、サポート終了後使用を続けることの危険性や、入れ替えの重要性などがひと目でわかってもらえるデザインが求められます。今回のコンペでは2つのデザインが採用になりましたが、いずれもWindows XPサポート終了という文言を前面に出した中で、その危険性をわかりやすく明示しています。また今回のチラシはお得さを明示することよりも、Windows XPサポート終了に伴う入れ替えがどれだけ重要なのかという部分を知ってもらう必要が有るため、文字も多くなっています。アイキャッチが重要視されがちなチラシですが、このように目的によって文字の配分を変えることも重要なのです。

固定ターゲット向けのチラシ作成術:その2

chirashi_4_3
引用元:クラウドワークス

続いてご紹介するのは、中高齢者向けパーソナルトレーニングジムのオープニングチラシです。今回は、健康のために体を動かしたいと考えている中高齢者がターゲットとなっています。今回の主なポイントは、運動による体の燃焼をイメージさせるカラーと、キャッチコピーに入っている「ミドルとシニアのためのジム」という分かりやすい明記、そして適度な情報量にあります。運動や活発なイメージを持たせる赤をメインカラーとし、運動をしているシニアの写真を左上に据えることで、中高齢者向けのジムのチラシであることが明確に提示されています。さらに「ミドルとシニアのためのジム」「マンツーマン対応が特徴のパーソナル・トレーニング・ジム」という言葉を目立たせることによって、前向きなイメージや一般的なジムとは違っているということが、よりわかりやすくイメージできるようになっています。どのような動機を持つターゲット層に対して訴えたいのか、メインカラーやキャッチコピーでわかりやすく表現することも重要なポイントです。

固定ターゲット向けのチラシ作成術:その3

chirashi_4_4
引用元:クラウドワークス

最後にご紹介するのは、短期大学のオープンキャンパス実施のチラシです。ターゲット層は各学科に進学を希望している高校生で、何よりも参加したいという気持ちを喚起させることが重要になります。表面では明るいイメージでターゲットを惹きつけるとともに、オープンキャンパスがいつ行われるのかが明記されています。また気軽に参加できPOPなイメージを先行させていることも重要なポイントです。裏面は明るい女の子向けのデザインを採用し、内容がわかりやすく明示されています。細々とした説明というよりも、必要な情報だけをうまく選定しているので、より見やすいチラシが完成していると言えます。

終わりに

チラシを作る際は、闇雲に目立つデザインにしたり制作側が訴えたいことを詰め込み過ぎるのではなく、ターゲット層に対してどんなことを訴えたいのか、ターゲット層がどんな情報を欲しているのかなどを明示する必要があります。制作側が伝えたいことよりも、ターゲット層がほしい情報をうまく伝えられるチラシであることが、何よりも重要だということを忘れないようにしましょう。

チラシデザインを依頼
簡単発注!チラシデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

チラシ作成詳細をみる

スポンサーリンク

チラシ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る