日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « レストランのチラシを作るなら!ポイントと注意点

クラウドソーシング

  1. レストランのチラシを作るなら!ポイントと注意点


レストランのチラシを作るなら!ポイントと注意点


はじめに

レストランは日本料理や世界の料理を提供し、料理のバラエティが豊かです。料理の価格やお店の雰囲気が幅広いので、誰とどんなときに行くのに適しているか気になりますね。しかし、レストランの数は多いため、知らないお店や行く機会がないお店も多いものです。そんなときにチラシが来店のきっかけになることがあります。この記事では、クラウドワークスのコンペ事例を参照し、レストランのチラシを作るポイントと注意点をまとめます。

レストランの魅力を伝えるチラシ作成:その1

180_chirashi_1

引用元:クラウドワークス

1つ目は、気軽に立ち寄れるレストランをコンセプトとするお店のチラシコンペで、A6サイズのチラシを募集しています。おいしそうで、お店に入りやすそうだとお客さまが思うデザインを希望しています。採用作品はふっくらとしたハンバーグランチをメイン画像に用い、ベーコンとパセリのトッピングが印象に残ります。メニューのバヌッツォランチはピザやパスタより珍しいので、知っている方も知らない方も興味をもつでしょう。また、鶏コンフィの写真も骨付きが好きな方にアピールできます。そしてカラーはロゴに合わせてオレンジ色を用い、採用作品はFacebookのヘッダーにも使われていています。この事例のように、代表的な商品の写真をアイキャッチに用いると、お客さまの目を引くとともに印象に残るため、後日思い出して行きたくなる可能性を高めます。写真は大きいほうが凹凸などの細かい部分がよく見えてリアルなので、最もお勧めの写真1枚を大きくすると、インパクトが強くなります。

レストランの魅力を伝えるチラシ作成:その2

180_chirashi_2

引用元:クラウドワークス

2つ目の事例は京料理店のチラシコンペで、レジの近くに置いておきお客さあに持って帰ってもらうものです。店内に庭があり、会席料理や膳料理も提供しているので、上品で高級感があるイメージを希望しています。採用作品は表面に約5種類のメニューを紹介し、写真から料理の高級感が感じられ、料理の数が多く、盛り付けがきれいで、色々な素材を楽しめることが分かります。裏面は黒を基調としたシックなデザインで、地図、電話番号、店内の写真などを掲載しています。この事例のように、コースに含まれる料理を並べて写真撮影すると、品数が多いことが伝わります。そのときは、背景色を控えめな色にすると、食材の彩りが映えて、盛り付けがきれいに見えます。一つの料理とコース全体のどちらを強調するのがふさわしいかを考えて決め、それに合うレイアウトにしてください。チラシはホームページにPDFや画像ファイルで添付することができます。

レストランの魅力を伝えるチラシ作成:その3

‚©‚ɉŽ’ʐMCS2

引用元:クラウドワークス

3つ目の事例は、素材にこだわるかに料理店のニュースレターです。採用作品はA4サイズのチラシに、紹介したい2つの料理を取り上げ、こだわりを詳しく書いています。コロッケの衣がサクサクしていそうで、半分に切った状態にすることでクリーミーな具が見えてよりおいしそうに見えます。デザインは和風で、季節感を感じられるように、茶色いカラーやどんぐりの写真を用いています。この事例のようにニュースレターを発行すると、お店のメニュー表では伝えきれないこだわりを伝えることができます。季節のメニューを紹介するチラシを作るときは、季節感があるデザインにすると変化が感じられて良いでしょう。一般的なチラシのように大きめのフォントを使い、色々な写真を掲載して、余白が多いレイアウトにしても構いませんが、ニュースレターのチラシにはまとまった文章で詳しく記述すると、こだわりを伝えることができます。

終わりに

以上のように、クラウドワークスでチラシを作成することにより、料理屋やお店の魅力を伝えることができます。クラウドワークスにはお客さまにアピールするポイントや、それを効果的に伝えるデザインを知っているクリエイターが多数登録しているので、ぜひご利用ください。

チラシデザインを依頼
簡単発注!チラシデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

チラシ作成詳細をみる

スポンサーリンク

チラシ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る