日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 事例からみる不動産用チラシの作成例

クラウドソーシング

  1. 事例からみる不動産用チラシの作成例


事例からみる不動産用チラシの作成例


はじめに

個人宅のポストには、毎日たくさんのチラシが入ります。新聞の折り込み広告以外にも、通常のポスティング広告をはじめとして、大手運送会社が行う特定の地域へのメール便形式での広告など、現在ではポスティングも多様化してきています。そんなポスティング広告の中でもかなりの割合を占めるのが、不動産広告です。不動産用チラシは、特にポスティングを利用して配布されることが多く、新たな販売物件、賃貸物件が発生するごとに頻繁に制作されます。そのため、たくさんの広告物の中で埋もれやすく、いかに手に取ってもらうかが課題になります。ゴミ箱に入れる前に、ちょっと見てみよう、と思わせるような不動産広告は、どのようなものを目指すべきなのでしょうか。

魅力的な不動産チラシ:作成方法1

317_chirashi_1

引用元:写真素材足成

新築マンションや、大型事業の一環で建設される不動産は、それなりに広告予算があるので、非常に豪華なものが多いです。しかし、不動産広告は何も大型プロジェクトのものだけではありません。中古物件のチラシをはじめ、いくつかの賃貸物件をまとめて掲載したチラシや、買取物件を募集する広告の方が、数として圧倒的に多いのではないでしょうか。ここでは、より埋もれがちな賃貸物件のチラシなどの作り方を考えてみましょう。まず作成時に気をつけたいポイントのひとつは、「写真にこだわる」ということです。新築物件のチラシと比べて、明らかに足りていないことが多いのが、写真の数と、質です。特に難しいのが、写真の質の方でしょう。新築物件は、美しい完成予定CGを掲載したり、完璧にしつらえたモデルルームをプロの写真家が撮影したりしていますが、そこまでのレベルに行かずとも、最近のデジタルカメラであれば、コツさえ掴めば誰でも良い写真が撮れます。まず気にして頂きたいのは、「露出をどこに合わせるか」ということです。露出度とは、光の量のことで、露出を調整することで写真全体の明るさが変わってきます。また、明るさが十分でない部屋などではフラッシュを使いたくなる方も多いと思いますが、お部屋の雰囲気を重視するのであればフラッシュは使わない方がベターです。フラッシュを効果的に使って雰囲気を出すには高度なテクニックが必要で、写真の知識が無い方の場合、フラッシュを使うと素人らしさがあからさまな写真になりがちです。露出を窓の外に合わせるのではなく、部屋の中に合わせることで明るい写真を撮影しましょう。この他にも、「不動産写真、撮り方」でネットを検索するとたくさんの情報が出てきますので、ぜひ参考にしてみましょう。

魅力的な不動産チラシ:作成方法2

317_chirashi_2

引用元:写真素材足成

不動産チラシ作成で気をつけたいポイントの2点目として、物件の周辺情報などにも気を配るということが挙げられます。中古物件や賃貸物件等で重用視されるのは、間取りと家賃(販売価格)、立地情報などが一番ですが、それだけでは多数ある不動産チラシに完全に埋もれてしまいます。できるだけ雰囲気のよい美しい写真を撮ったら、「大型スーパー◯◯から徒歩△分」「レジャー施設が近隣にあります」など、親しみやすいイラストを入れて、無機質な不動産チラシからの脱却を目指しましょう。他のチラシに無い情報を目立たせることがポイントです。

魅力的な不動産チラシ:作成例

317_chirashi_3

引用元:CrowdWorks

それでは、実際に不動産チラシの例をご紹介します。これは、ネットでチラシの作成を依頼できる「クラウドワークス」を利用して制作された、空き家不動産の管理を請け負う会社のチラシです。かわいらしいイラストを使用して、「これは何のチラシだろう?」という興味を惹かせることに成功している良いチラシです。

終わりに

クラウドワークスには多数のデザイナーが登録しており、サイト上で気軽にチラシ制作の依頼が出来ます。仕事のやりとりはネット上で行うことができます。不動産チラシは、まず写真が一番です。間取りと金額だけが目立つ、マンネリ化したチラシとは一線を画し、人の目を惹く工夫をすることを目指しては如何でしょうか。クラウドワークスを使えば、そんなチラシを作ってくれるデザイナーを探すことが出来ます。

チラシデザインを依頼
簡単発注!チラシデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

チラシ作成詳細をみる

スポンサーリンク

チラシ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る