日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « チラシで差をつけよう!サークル勧誘のチラシ作りで大事なポイント

クラウドソーシング

  1. チラシで差をつけよう!サークル勧誘のチラシ作りで大事なポイント


チラシで差をつけよう!サークル勧誘のチラシ作りで大事なポイント


はじめに

チラシ657ー1

春は出会いの季節。サークルにとっても、新しい仲間を増やす絶好のチャンスです。勧誘のために配るチラシ作りにも、いっそう気合いが入りますよね。数多くのサークルの中から、自分たちのサークルに目をとめてもらえる。そんなアピール性の高い勧誘チラシを作成するためには、どのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか。

一番伝えたいことは何か?

まず、勧誘チラシで一番伝えたいことは何でしょうか。

勧誘チラシに記載する基本情報としては、サークル名、サークル規模、活動内容、メンバーの男女比率といったものが挙げられます。

しかし、これらの基本情報を挙げるだけでは、単なるサークルの広報板になってしまいます。勧誘チラシはあくまで、「うちのサークルに入って下さい」とアピールするためのもの。チラシを受け取った相手に、「おもしろそう」「入りやすそう」という親しみを感じてもらわなければなりません。

「このサークルに入ると、こんなにおもしろいですよ」
「誰でも歓迎。一緒にやりましょう」

サークルの基本情報に加えて、「サークルの売り」と「誘い」を付け加えましょう。

読んでもらうことが大切

また、チラシを作成する際には、「読みやすさ」にも気をつけなければなりません。読みやすさとは、視覚的な意味だけではなく、倫理的な意味も含まれます。

たとえば次のようなチラシは、受け取っても読む気が失せてしまいます。

・赤と黄色を主体とした、目が痛くなるような二色刷り
・チラシ全面に文字がびっしり敷き詰められている
・太字、下線などの強調箇所が多すぎて、どこが重要なのかが分からない
・卑猥なイラストが載っている
・「すぐに幸せになれる」「人生をやり直せる」など、宗教的な勧誘フレーズがある

勧誘チラシは、読んでもらうことが大切です。視覚的、倫理的に問題がないかどうかを考え、相手に不快感を与えないチラシ作りを心がけましょう。

デザインで差をつけよう

目にとまるチラシは、デザインにも様々な工夫が凝らされています。注目性をあげるための一例をご紹介しましょう。

このように、昨今の勧誘チラシでは、同世代の間で流行っている人気漫画、アニメ、映画のワンシーン、有名な広告などをパロティしたデザインが多く見受けられます。すでに人々が興味を持っているコンテンツの注目性を借用し、自分たちの情報にも目を向けてもらおうという手法です。

既存のコンテンツの注目性と、サークルの情報を融合させた合わせ技。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

チラシ657ー2

・サークルに入りたくなるような、「売り」と「誘い」を伝えること
・読みやすいデザインを心がけること
・注目性の高いデザインをすること

勧誘チラシを作成する時の3つのポイントをお伝えしました。
親しみやすい勧誘チラシを作成し、新しい仲間と春のスタートを切りましょう。

チラシデザインを依頼
簡単発注!チラシデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

チラシ作成詳細をみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
チラシ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る