日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 支持される!漢字、カタカナ、ひらがなを使ったチラシで宣伝しよう!

クラウドソーシング

  1. 支持される!漢字、カタカナ、ひらがなを使ったチラシで宣伝しよう!


支持される!漢字、カタカナ、ひらがなを使ったチラシで宣伝しよう!


はじめに

GREEN_KI20140125500

チラシの制作に際しては、文字の表現方法をどうするかという問題があります。そのうちのひとつが、ひらがな・漢字・カタカナの上手な使い分けです。ユーザーに支持されるチラシ制作の方法を、ひらがな・漢字・カタカナの使い分けの視点から考えてみましょう。

あえていつもと違う表記にすると目立つ

チラシの役割のひとつは、ユーザー側から積極的に注視してくれなくても勝手に目に飛び込んで行ってしまうようなインパクトを与えることです。その具体的な手法のひとつが「あえていつもと違う表記にする」という方法です。見た瞬間にあれっ?と思わせるような、ちょっとした違和感を表現のスパイスとして用いるのです。そこで便利なのが、ひらがな・漢字・カタカナの使い分けです。

同じ字でもひらがな・漢字・カタカナによって読み手に与える印象が変わる

こちらはまさにタイトルの通りです。チラシ案を制作したら、表現に使用する言葉をひらがな・漢字・カタカナと様々に変化させてみましょう。特に強調したい部分の文言を変化させてみるのが効果的です。主な効果としては以下のようなものが挙げられます。

○通常は漢字・カタカナ表記のものをひらがなに変える
親しみやすさ、可愛らしさ等を強調できます。ひらがなにすると幼い子どもでも読めるので、子ども向きの商品・サービスのチラシを制作する場合は積極的に検討してみましょう。あと良く見るケースでは、逆にお年寄り向けの場合にひらがなを使うケースです。老人ホームの名称は、無意味にひらがなのものが多いと思いませんか?親しみやすさやわかりやすさ、優しそうな感じを表現しているのだと考えられますが、ひらがなを多用しすぎると高齢者によっては「ばかにしている」と感じることもあるようですので、多用のし過ぎには注意が必要です。
○通常はひらがな・カタカナ表記のものを漢字に変える
和の雰囲気を強調したり、固い感じになったります。当て字のセレクトの仕方によっては悪そうな印象にもなりますね。元々漢字で表現しない言葉に漢字を当てるには、かなり高度な技が必要です。上手に使わないととかく「ダサい」印象を与えがちな表現方法ですが、品格を落とさず保てるような表現方法さえ見つかれば強烈なパンチ力を持たせることもできる面もあります。機会があったらぜひ追加案に加えるチャレンジをしてみてください。なかなか考えさせられる課題ですので、良い勉強になると思います。
○通常はひらがな・漢字表記のものをカタカナに変える
これは最も試しやすい表現です。ポップな感じ、若々しい感じになります。あまり慣れていない人でも成功しやすいですので、積極的にチャレンジしてみましょう。ただ、最近はあまりに多用される表現方法でもありますので、そのぶんインパクトは弱くなってしまうかもしれません。上記はあくまで基本で、例外もあります。まずは表記を変えてみて、様子を見ながらその得られる効果をひとつひとつ確認しましょう。

例:(ひらがなー平仮名)

ではかんたんな具体例をご紹介します。
(ひらがなー平仮名)
それぞれどんな印象を受けますか?「ひらがな」にはわかりやすさ、優しい感じ、子どもっぽさ・・・等を感じるかと思います。「平仮名」にはお役所的な感じ、固さ、大人っぽさ、和風・・・等を感じるでしょうか。たったこれだけのことでも大きく印象が異なるのがわかるかと思います。

まとめ:あえていつもと違う表記を試すのも大事

PAK85_MBAdesagyou20140312500

マンネリ表現はチラシの大敵です。意外性を持たせないとなかなか注目を集めることは難しいからです。言葉の表記をちょっと変えるだけでより効果的な広告となる場合も多々ありますので、デザイン案ができたら積極的に試してみましょう。

チラシデザインを依頼
簡単発注!チラシデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

チラシ作成詳細をみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
チラシ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る