日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 親しき仲にも礼儀あり!友達にチラシ作成依頼時の3つのタブーとは?

クラウドソーシング

  1. 親しき仲にも礼儀あり!友達にチラシ作成依頼時の3つのタブーとは?


親しき仲にも礼儀あり!友達にチラシ作成依頼時の3つのタブーとは?


はじめに

GREEN_RA20140125500

引用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

デザインなどを行うときによく出るのが「ちょっと友達に頼んでみる」知っている人であれば仕事は頼みやすいですし、意思疎通もしやすいでしょう。しかし、知っている間柄だからこそ引き締めてかからないとならない事項はたくさんあります。この一件だけでなく、将来的に長くうまく仲良くつきあっていくために、依頼する側がやってはいけない行為とはいったい何なのでしょうか?

タブー①納期までの期限が短い

チラシを作るためには構成、デザイン、校正、印刷など、一般の人が思っているよりも様々な手順と相応の時間を必要とします。納期までの期限が短いと依頼者、デザイナー双方の納得の行くチラシができることは少ないと考えてよいでしょう。チラシの配布開始期間からきちんと時間を逆算して余裕のあるスケジュールを以って作成依頼をすることは非常に重要です。いくら知っている人とはいえ、神様ではなく人間です。デザインには時間がかかります。親しい友達だからこそ、ギリギリになって締め切りを延ばして欲しいと言ってくるかもしれません。作成時間には充分余裕を持たせましょう。

タブー②作ってほしいチラシのデザインが明確でない

依頼者自身がどういったものを作りたいのかまったくわからない状態では、たとえあなたの好みはしっかりと知り尽くしている人物でも、おそらく「思っていた通りのもの」を作成することはできないでしょう。誰に頼む場合でも、最初にきちんと作成するチラシのイメージや方向性をきちんと明確にしておくことは大切なことなのです。知人同士のデザイン依頼の話で良く聞くのが「適当に、ちゃちゃっと!」という言葉なのですが、これは絶対に禁句です。酷いとこの後ろに「無料で!」という文句が入ることもありますが、プロデザイナーである以上、これは絶対やってはならないことなのです。次回から話も聞いてくれなくなるかもしれません。

プロ並みの仕事を望むなら、それなりの態度と報酬が不可欠

タブー③基本的に相手任せ

仕事を依頼した以上は、作成に関してだけは友人関係ではなくビジネス関係となります。きちんと打ち合わせの場を設けてデザイナーとしての質問にはきちんと受け答えを行い、情報のやりとりをきちんと行いましょう。写真などの素材に関しても新規撮影などが必要な場合には積極的に動いて作業が円滑に進むように心がけなければなりません。「適当にお願いします」という頼み方では、本当にその程度のものしか完成しないことをしっかりと心に刻みましょう。

軽い気持ちでいると火傷するかも・・・

まとめ:友達に迷惑をかけないようにチラシデザインを依頼しよう

PAK74_ookawagomennasai1209500

引用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

タイトルにもあるとおり、親しき仲にも礼儀あり。友人だからこそ、相手も自分に融通が利くのではないかと思っているのは明確です。しかし、妥協ばかりしていては良い仕事ができるはずはありません。この時ばかりは「仕事である」という意識をきちんと持つようにお互いに心がけて臨みたいものです。

チラシデザインを依頼
簡単発注!チラシデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

チラシ作成詳細をみる

スポンサーリンク

チラシ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る