日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « よく耳にする「フライヤー」って何?フライヤーの特徴をまとめてみた

クラウドソーシング

  1. よく耳にする「フライヤー」って何?フライヤーの特徴をまとめてみた


よく耳にする「フライヤー」って何?フライヤーの特徴をまとめてみた


はじめに

a0002_006071

引用元:写真素材 足成

「フライヤー」という言葉を聞いたことがあると答える人は多いのではないでしょうか。ちなみに、フライヤーという意味はご存じでしょうか。飲食業界に勤めている方ならば、調理器具のことを思い浮かべるかもしれません。ですが、一般的によく耳にする「フライヤー」はチラシのことを表します。呼び方は違いますが、チラシと同じものです。ただし、フライヤーはイベントなどの宣伝に用いられるものを表していることが多くなります。そこで、今回は「フライヤー」が実際はどういうものなのか、その特徴をご紹介します。



フライヤーで使用される紙の特徴

フライヤーによく利用される用紙の中に、コート紙というものがあります。コート紙は青みがかった白色の紙で、光沢があります。また印刷時のインクののりも良く、写真などの印刷においても再現性が優れているためフライヤーを始め、ポスターや雑誌などにも利用されている紙です。ちなみにフライヤーとして用いられる紙のサイズは主にA6など、一般的に“チラシ”としてイメージしているA4やB4新聞の折り込みチラシのものよりも小さいサイズのものが利用されています。

主にフライヤーが使用されるシーン

フライヤーはチラシと内容的には同じですが、利用されている場面は少し異なり、次のような用途があります。

●ハンティング用
●ポスティング用
●店頭に置かれている案内 ...etc

さらに、フライヤーはイベント会場などでも長い間利用されています。

ライブやイベント、クラブなどでの案内情報が書かれているものなど、場所や地域を絞った宣伝用に利用されます。また、即効性の効果を出したい時には便利です。

フライヤーで使われているデザインが凝っている理由

フライヤーのデザインには人の目を引くものが多数あります。中には3D風のデザインになっていたり、様々な奇抜なデザインがあります。では、なぜフライヤーのデザインはそこまで凝ったものが多いのでしょうか。それは集客につながるからです。インターネットが普及している現在ですが、その店舗やイベントを知らない人ではホームページを見ることさえありません。むしろ、駅前や街中で配られているフライヤーのデザインが人目を引くものであれば思わず手に取ってしまいます。デザインが凝っているフライヤーほど、集客にもつながり、店舗やイベントのブランディング効果にもつながります。そのため、フライヤーにはインパクトのあるデザインが多くデザインされています。

使用目的に応じて検討する

フライヤーはどのような客層や地域がターゲットなのかにより、宣伝方法は異なります。イベントの案内なのか、店舗の案内なのか、使用の目的に応じてデザインを考え、それに応じた用紙サイズや種類を考えます。さらには、どのように宣伝するのか、フライヤーをつくる際には、様々な点に考慮して製作しましょう。

おわりに

a0800_001251

引用元:写真素材 足成

チラシと似ているフライヤーですが、宣伝方法やデザインが違いはあります。フライヤーの使用に適した場面を見極めるのも重要です。

チラシデザインを依頼
簡単発注!チラシデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

チラシ作成詳細をみる

スポンサーリンク

チラシ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る