日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 要チェック!注意したい誇大広告チラシとは?

クラウドソーシング

  1. 要チェック!注意したい誇大広告チラシとは?


要チェック!注意したい誇大広告チラシとは?


はじめに

FB074_L
引用元:素材辞典

チラシ作成において、気をつけるべき点はなんでしょうか?
集客のためのチラシですが、作り方を間違えれば集客どころか、お客さんを逃すことにもなりかねません。
私たちは日々多くのチラシを目にしますが、中には不快感を感じられるようなものもあります。
それらにはおそらく、疑いの心理が働いているときでしょう。
商品について、サービスについて、何かおかしいと感じればチラシをみるのもいやになりますね。

著作権や肖像権の不正使用は避けよう

チラシを作る際に気をつけたいポイントとして、まずは著作権、肖像権の不使用を避けるということです。
著作権とは、著作物(小説や、音楽、絵画)などの製作者の権利。
肖像権とは、個人が本人の承諾なしに、ビデオ、カメラなどに撮られ、無断で使われることのないように主張するための権利。
この2つの権利はかならず守らなければなりません。
これらを無視して、使ってしまったことがわかれば、裁判沙汰にもなりかねません。
集客のためのチラシのために裁判などになれば、チラシを作らないほうがましです。

ビフォーとアフターに気を付けよう

次に気をつけるポイントとしては、誇大表現は避けるということです。
誇大表現とは、実際の商品やサービスよりも、 内容を誇張して表現することであり、本質よりも大げさにすることです。
商品やサービスを売りたい、集客を見込みたいがために、ついついオーバーに表現してしまっている広告は、よく見られます。
特にビフォーとアフターに気を付けなければなりません。
誇大広告には、商品を使う前、使った後の写真が載せてあることがよくあります。
そしてその写真は明らかに変化があり、実際ではありえないほどの変化を遂げていることが大いにあります。
誇大表現のために、最初は目をひくものの、冷静に考えると不信感を覚え、読めば読むほど不快に感じてしまうものです。

誇大広告は会社の信用を下げる

FB079_L
引用元:素材辞典

こういったことから、誇大表現は商品やサービスへの不信感となり、ゆくゆくは会社の信用まで下げてしまうことになります。
そして口コミや、ネット上で悪い噂が出回ってしまうことも恐れなければなりません。
悪評が広まれば、たちまち会社の信用を失い、存続の危機にまで陥ることもあるのです。

チラシデザインを依頼
簡単発注!チラシデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

チラシ作成詳細をみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
チラシ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る