日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « チラシの訴求力を高めるキャッチコピーの3つの役割

クラウドソーシング

  1. チラシの訴求力を高めるキャッチコピーの3つの役割


チラシの訴求力を高めるキャッチコピーの3つの役割


はじめに

a1640_000113
引用元:写真素材「素材辞典.NET」

キャッチフレーズの効果については触れましたが、キャッチコピーの3つの役割はどのようなものでしょうか。
キャッチコピーは消費者の心を強くとらえる効果をねらった、印象的な宣伝文句です。
一言でキャッチコピーといっても、様々なものがあり、興味を引くためのもの、購買意欲を掻き立てるためのもの、最後の後押しになるものなど方向性により多少の違いは出てくるでしょうが、その先にある目的は消費してもらうという目標です。
それでは役割について詳しく見ていきましょう。

役割1:インパクトが出てアイキャッチになる

まず一つ目の役割としては、インパクトが出てアイキャッチになるということです。
商品画像と、商品説明だけではなんだか物足りないですよね。記事を読んでみようと思わせてこそ、キャッチコピーの意味があります。
気になる、面白い、興味があると思えるようなキャッチコピーがアイキャッチとなり、見に来てくれるお客さんの増加につながります。
チラシにもインパクトが出ますし、見やすくなります。

役割2:商品に付加価値が出る

2つ目の役割として、商品に付加価値が出るということです。
キャッチコピーを付けることにより、商品の性質や、機能に付加価値が出るものです。
付加価値がつくことで、その商品を魅力的に感じる人々の幅もひろがり、より商品が売れることにつながります。
一つの商品に付加価値がつくことで、お得感も増し、新規で顧客を掴むこともあるでしょう。
キャッチコピーには、とても重要な役割があるのです。

役割3:チラシにメリハリが出る

3つ目の役割として、キャッチコピーをチラシに使うことにより、チラシにメリハリが出るということです。
読みやすいチラシの共通点としては、メリハリがあるということがあります。同じようなサイズの文字をだらだたと書いても見づらいだけで、アピールすべき本質がみえにくく伝わりにくいです。
画像や、文字、見出しなどがわかりやすく区別されていることでより見やすく、読みやすいものといえます。
キャッチコピーもチラシの中に配置することにより、チラシにメリハリが出てとても読みやすくなります。
効果的なチラシになるためにも、キャッチコピーは必須です。

まとめ:キャッチコピーはチラシになくてはならない大事な要素

2
引用元:写真素材「素材辞典.NET」

人々の目を引き止め、商品への興味を持ってもらい、ファンになってもらうためにも、ここちよいキャッチコピーの設定は、必要不可欠です。
多くの企業がロングセラーの商品をもっており、それらには気の利いたキャッチコピーが付けられており、商品とともにずっとあゆみつづけているのです。
心に残るような効果的なキャッチコピーはチラシには必須のポイントなのです。

チラシデザインを依頼
簡単発注!チラシデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

チラシ作成詳細をみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
チラシ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る