日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « ライターが気をつけるべき、ライティングの基本

クラウドソーシング

  1. ライターが気をつけるべき、ライティングの基本

ライターが気をつけるべき、ライティングの基本


■はじめに

リライトとは執筆者以外の者が文章を書き直すことを指します。具体的には、「文章の趣旨は変えずに読者にわかりやすい・イメージしやすい文章に書き直す」作業のことです。

世の中にはたくさんの文章がありますが、それらが必ずしも全ての人々に対して読みやすい内容とは限りません。そうした文章を自身のメディアのターゲットユーザーに対してわかりやすく書き直すことがリライト作業の重要な仕事になります。

では、具体的にどんな仕事なのか解説していきましょう。

■原文の記事を読み込み記事の要点を抑える

まず、リライトの対象になっている文章を、しっかりと読み込みます。文章の流れ、要点・最終的に伝えたいこときちんと抑えます。
記事の内容をサマリーにして書き出すとよりわかりやすいかもしれません。
まずは理解するまで何度も読み込みましょう。

■ターゲットユーザーにどう伝えたらわかりやすいか考える

リライトした記事を読む人(=ターゲットユーザー)に対してわかりやすい文章にするにはどうすればよいのか考えます。記事を読み込む段階で作成したサマリーを見ながら順序の組み換え、表現の変更などを検討します。
ターゲットユーザーがよりイメージしやすい文章構成にするためにはどんな表現を使うべきか、どんな書き方をするべきかを検討するこの作業はリライト作業の中でもっとも重要な作業の一つです。
時間をかけてじっくり考えましょう。

■元の文章を書いた執筆者に敬意を払う

リライト記事は元の文章があってのリライトです。そのため、リライトを行った際は必ず事前の許諾を取りましょう。
また、リライト記事にはリライト元記事を出典または参考元として読者に対してわかりやすい状態で必ず明示し、元記事の執筆者に敬意を払いましょう。

■まとめ

「ですます調」の変更や「てにをは」の変更がリライトではありません。リライト記事の対象ターゲットにわかりやすく、イメージしてもらえることこそがリライト作業の重要な仕事です。また元の記事を執筆者に対してもきちんと敬意を払い、出典元・参考元としてきちんと明示しましょう。

※本記事に対して一部不適切な表現がありましたため、記事を修正いたしました。申し訳ありませんでした。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

会員登録をして実際にお仕事を探してみる



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
編集・校正のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る