日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 初心者必見!モバイル開発モデル「ウォーターフォール」を学ぶ

クラウドソーシング

  1. 初心者必見!モバイル開発モデル「ウォーターフォール」を学ぶ


初心者必見!モバイル開発モデル「ウォーターフォール」を学ぶ


はじめに

9064-1
引用元:写真素材 足成

ソフトウェアの開発は、手順を追って進めることが必要です。
複数の担当者で作業を進める場合もあります。特に、プログラミングのように、精緻で複雑な作業は、修正や試行錯誤を繰り返していてはいつまでたっても仕事が完了しません。そこにはプロフェッショナルな、仕事の流儀があるのです。その基本形が「ウォーターフォールモデル」です。

ウォーターフォールモデルとは

9064-2
引用元:ウィキメディア・コモンズ

ウォーターフォールとは「滝」の意味です。
滝の流れのように、上流工程から下流の工程まで、よどみなくながれるように、仕事(プロジェクト)を進めよう、というものです。極めて古典的な発想です。具体的なイメージとしては、開発プロジェクトを時系列にとらえて、「要求定義」「外部設計(概要設計)」「内部設計(詳細設計)」「開発(プログラミング)」「テスト」「運用」などの作業工程(局面、フェーズ)に分割します。
原則として、前工程が完了しないと次工程に進みません。そのため、設計中にプログラミングを開始するといった並行作業は行わない事で、前工程の成果物の品質を確保しつつ、前工程への後戻り(手戻り)を最小限にすることを狙いとしています。通常は「線表(ガントチャート)」を使用してスケジューリングを行います。

ウォーターフォールモデルの問題点

ウォーターフォールモデルは、一見、理にかなったモデルなのですが、前工程に間違いがない、という前提で後工程に進んでいくことに問題があります。
人間、誰しも間違いはあります。新しい開発プロジェクトならなおさらです。間違いを含んだまま後工程に進むと、結局手戻りが生じてしまいます。そのため、「ウォーターフォール開発プロジェクトが成功するためには、過去に同じようなプロジェクトで一度失敗している必要がある」という名言があるほどです。また、現実的には、誰が、どのように、全体を管理できるのか、という問題もあります。

他の開発モデルをみてみよう

ウォーターフォールモデルの問題点を解消するために、他の開発モデルも提唱されています。その一つに、スパイラルモデルというのがあります。これはウォーターフォールモデルのような一方通行のものではなく、設計とプロトタイピング(検証用のモデルの制作)を繰り返し反復して行いながらプロジェクトを完成させていく、というものです。
スパイラルモデルに比べて要求仕様の変更に対応しやすい、などのメリットがあります。スパイラルモデルは大規模プロジェクトでよく使われます。

まとめ

ウォーターフォールモデルは開発モデルの基本形です。実際にこのモデルを採用するかどうかは別として、前工程と後工程の関係や、全体のスケジュール管理、ガントチャートといった管理手法は重要なことです。
また、ミスや間違いは当然起こるものとして、それをどう発見してどう対応するか、といったことも、実務上ではとても重要なことです。

フリーエンジニアのお仕事特集
フリーエンジニアの求人・お仕事特集!

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
携帯アプリ・モバイルアプリ開発のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る